メインメニューを開く

鴻池 幸富(こうのいけ ゆきとみ、天保12年8月1日1841年9月15日) - 大正9年(1920年6月16日)は、江戸時代後期から明治大正まで活躍した実業家。10代目鴻池善右衛門であり、近代鴻池財閥の初代総帥。善九郎、喜右衛門、丑之助、山中幸冨とも称した。

生涯編集

 
大正全国富豪番付で西日本4位だった鴻池幸富

1841年、鴻池家の別家である山中家に、山中又七の長男として生まれたが、後に宗家の養子となった。嘉永4年(1851年)6月、家督を継いで10代目の善右衛門の名を襲名する。この頃、篠崎小竹の弟子となって勉学を学んだ。豪商であったため、幕府から海防費の名目で御用金供出を命じられ、浪士組芹沢鴨から500両の軍用金を供出するように脅迫されるなど、幕末期は苦難を極めた。

慶応4年(1868年)2月、明治政府によって会計事務裁判所御用掛に任じられる。その後、通商司為替会社頭取などを務めた。明治6年(1873年)には大阪に国立銀行を設立すべく計画された「第三国立銀行」の発起人の一人となるが、ほかの発起人との意見が合わず、実現しなかった(1876年に東京で設立された第三国立銀行とは別銀行)。明治10年(1877年)、第十三国立銀行(現、三菱UFJ銀行)を創設するなど、日本における金融界、貿易界の創設・発展に尽力した。

明治17年(1884年)に家督を子の善次郎(幸方、11代善右衛門)に譲っている。事業としての鴻池財閥の総帥の座は、別家を嗣いだ次男鴻池新十郎が継承している。

明治44年(1911年)8月、10代善右衛門幸富による産業振興の功績により、11代善右衛門幸方は男爵 に叙爵された。大正9年(1920年)、80歳で死去。

参考文献編集

  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 73-76頁
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)

外部リンク編集