メインメニューを開く

三佐川 亮宏(みさがわ あきひろ/Akihiro Misagawa、1961年2月 - )は、日本の歴史学者東海大学文学部歴史学科西洋史専攻教授[1]ドイツ中世史を専攻。

経歴編集

北海道札幌市中央区出身。1979年に北海道札幌南高等学校から北海道大学文学部史学科西洋史専攻に進み、1983年に卒業後、北海道大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程を1986年に修了。同博士課程在学中の1987年から1990年の間、ドイツ学術交流会奨学生としてボン大学歴史学科およびライン地域史研究所に留学。

1991年に北海道大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程を中途退学し、北海道大学文学部西洋史学専攻の助手を務めた。

1994年、東海大学文学部歴史学科西洋史専攻講師となり、1999年に助教授、2007年に准教授、2009年に教授に就任し、現在に至る。この間、学内では、文学部長補佐(2013年)、入学センター次長(2014~2018年)等の役職を歴任。学外では、富山大学人文学部(1996年、集中講義)、名古屋大学文学部(2006年、同)、一橋大学経済学部(2015年)で、非常勤講師を歴任。

2011年に「ドイツ史の始まり 中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成」で北海道大学から文学博士号を取得[2]2011年から2012年の間、ウィーン大学オーストリア史研究所、ベルリン・フンボルト大学比較中世史研究所に客員研究員として滞在。2018年に『ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成』(創文社 2013年)により、第108回日本学士院賞を受賞(当該年度受賞者中では最年少の57歳)。2019年2020年の間、ウィーン国立図書館及びミュンヒェン大学歴史・芸術学部に客員研究員として滞在。

受賞歴編集

2017年「ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成」の研究により、2016年度東海大学・松前重義学術賞を受賞[3]

2018年『ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成』(創文社 2013年)により、第108回日本学士院賞を受賞[4][5][6][7]

所属学会編集

史学会、歴史学研究会、日本西洋史学会、西洋中世学会(『西洋中世学』編集委員)、東海大学史学会(『東海史学』編集委員)

著書編集

  • 『ドイツ史の始まり―中世ローマ帝国とドイツ人のエトノス生成』創文社、2013年[1]
  • 『ドイツ―その起源と前史』創文社、2016年[2]
  • 森井裕一編『ドイツの歴史を知るための50章』、明石書店、2016年(分担執筆、10章、11章)[3]
  • 『紀元千年の皇帝―オットー三世とその時代』(刀水歴史全書、95)、刀水書房、2018年[4]

翻訳編集

インタビュー編集

  • 毎日新聞インタビュー記事「中世ドイツから見る現在」(2018年5月1日)[8]
  • 東海大学新聞インタビュー記事「暗記ではない歴史学の魅力-史料をひもとき過去に迫る」(2018年9月1日)[9]

※その他、業績目録は、研究者researchmapを参照。[10]

脚注編集