メインメニューを開く

三宅 剛一(みやけ ごういち、1895年1月1日 - 1982年10月8日)は、日本の哲学者。専攻は臨床哲学倫理学。歴史学者の三宅正樹は実息。

三宅 剛一
生誕 (1895-01-01) 1895年1月1日
日本の旗 日本岡山県浅口市
死没 (1982-10-08) 1982年10月8日(87歳没)
出身校 京都帝国大学
子供 三宅正樹
研究分野 臨床哲学倫理学
テンプレートを表示

生涯編集

岡山県浅口市鴨方町益坂出身。旧制私立金光中学(現金光学園中学校・高等学校)から旧制六高(現岡山大学)、京都帝国大学哲学科に進み、旧制新潟高等学校東北帝国大学理学部の教授を歴任した。ドイツにも留学し、フライブルク大学フッサールから現象学の手法を学んだ。戦後になると東北帝国大学文学部、1954年京都大学文学部教授。1958年京都大学を定年退職してからは学習院大学教授も務めた。

1960年から4年間、日本哲学会の会長も務めている。

著書編集

  • 『学の形成と自然的世界 西洋哲学の歴史的研究』弘文堂書房 1940
  • 『数理哲学思想史』弘文堂書房 1947
  • ハイデッガーの哲学』弘文堂 (アテネ新書)1950
  • 『十九世紀哲学史』弘文堂(アテネ文庫)1951
  • 『人間存在論』勁草書房 1966 のち講談社学術文庫
  • 『道徳の哲学』岩波書店 1969
  • 『芸術論の試み』岩波書店 1973
  • 『時間論』岩波書店 1976
  • 『哲学概論』弘文堂 1976
  • 『経験的現実の哲学』弘文堂 1980
  • ドイツ観念論に於ける人間存在の把握』2006 (学習院大学研究叢書)

脚注編集