メインメニューを開く

三宅 綾(みやけ りょう、1970年12月8日 - )は、日本プロレスラーである。神奈川県平塚市出身。

三宅 綾
プロフィール
リングネーム 三宅 綾
ザ・シューター2号
天一坊一慶
本名 三宅 綾
身長 173cm
体重 94kg
誕生日 (1970-12-08) 1970年12月8日(48歳)
出身地 神奈川県平塚市
デビュー 1990年1月17日
テンプレートを表示

経歴編集

  • 中学卒業後、プロレスラーを志すが、小柄な体格の為、新日本プロレスの入門テストに落ち、全日本プロレスでは入団オーデションすら受けさせてもらえなかった。
  • チャンスを得るため、全日本プロレスのリングスタッフとして興行に同行していた際、当時、全日本プロレスのリングアナであった仲田龍から「大仁田厚FMWを旗揚げする」という話を聞き、中学時代の同級生で、同じくプロレスラー志望であった上野幸秀を誘いFMWのオーデションを受け、三宅、上野両者ともオーデションに落ちるも結果に納得がいかずに大仁田厚に直談判し、練習生として入門、FMW第1期生となる。同期には上野幸秀のほか、市原昭仁(後のフライングキッド市原)、森重正臣(引退)がいた。
  • 1990年1月17日、熊本県・熊本小国ドームにて覆面レスラー「ザ・シューター2号」として上野幸秀との異種格闘技戦にてデビュー。
  • その後、ザ・シューター2号とは別に素顔で本名の三宅綾としても活動。同期の上野との対戦は『親友対決』と呼ばれ、旗揚げ直後のFMWの前座戦線を盛り上げた。
  • その後、団体内の人間関係の疲れからFMWを退団。大仁田との確執からFMWを退団した面々が旗揚げしたW★INGに入団。その後、団体がW★INGプロモーションとWMAに分裂した際、大多数のレスラー達と共にW★INGプロモーションに移籍する。なお、FMW退団後に筋肉が萎んでしまったためFMW関係者から預かっていたステロイドを使い込んで72kg程度まで落ち込んでいた体重を92kgまで戻したという裏事情を自身のブログで告白しており「3~4ヶ月で体は一気に大きくなり100kg挙げれなかったが130kgを挙げてしまうパワーが付いた。」とその効果を証言していた一方で「WING旗揚げ前から団体内で受けるストレスや経済的な事情でプロテインを買えなくなったことやステロイドを使い切ってしまったことで結局元の体に戻ってしまった」と効果が一時期に留まったとも書き添えてあった。
  • W★INGプロモーションでは、杜撰な経営から所属選手が次々と離脱する中、最後まで残り、後にW★INGプロモーションが活動を停止した後、再出発した際にもフリーランスとして一部の興行に参戦している。
  • その後、NOWに入団するが、NOWは短期間で活動を休止。さらにその後、東京プロレスに入団。フリーランスとして参戦していたザ・グレート・カブキと、カブキに師事した大黒坊弁慶によるタッグチーム「幻僧戦士団」に加わり、リングネームを『天一坊一慶』と変え、坊主頭にするなど心機一転を図るが、東京プロレスのオーナーがFFF(インディ統一構想)を表明した後、旗揚げ前に頓挫し所属団体が消滅してしまう。その後、「幻僧戦士団」の一員として新東京プロレスやIWA・JAPANを主戦場に活動するが、カブキの引退、大黒坊弁慶の大日本プロレスへの移籍等もあり「幻僧戦士団」は解散。以降リングネームを本名に戻し、現在はどの団体にも所属せず、フリーランスの立場となっているが、2009年5月以降、試合を行っていないため、現在はセミリタイヤ状態になっている。
  • 松永光弘との対談では、現在は「犬のブリーダー業」を行っているとの事。
  • チゲ鍋を作らせれば、プロレスラーの中でも5本の指に入るという評判である。

上野幸秀と三宅綾編集

  • 同じくFMWで活躍した上野幸秀とは幼なじみ。中学生のとき、2人で両国国技館まで新日本プロレスを観に行き、入門を直訴する為に山本小鉄の出待ちをしたが、山本の乗った白いキャデラックを見失ってしまい、入門を断念する。
  • その後、大仁田厚がFMWを旗揚げするという話を聞き、新日本プロレス志望の為、同行するのを渋っていた上野を強引に誘い、FMWのオーデションを受けるが、二人ともオーデションに落ちるも結果に納得がいかず大仁田厚に直談判し、共に練習生として入門している。
  • 上野と三宅は、三宅がFMWを退団した後、両者の交流は無く、対戦することも無かったが、1997年7月6日、両国国技館で行われた「WAR」の『革命陽上・5 THE OPEN』にて、「三宅綾VS超電戦士バトレンジャー(上野)」の一騎討ちの試合が組まれ、中学の時、2人で観に行った両国のリングで対戦が実現した(結果は7分50秒タイガー・ドライバーで三宅の勝利)。三宅曰く「お互いガチガチに緊張して試合自体は塩(しょっぱい内容)だったと思う」と語っている。

外部リンク編集