メインメニューを開く

三戸氏(みとし、みつし、さんのへし)は、日本氏族

三戸(みと、みつ)氏

三戸(さんのへ)氏

  • 陸奥国本三戸城から起こった南部氏の一族(宗家)で、盛岡藩主となった三戸南部氏(盛岡南部氏)の別名。南部氏を参照。
    • 上記の三戸南部氏の一門で、5代盛岡藩主南部利視の代に分立した家のこと。利視の子、信伝・信居・信駕・信周・信明・信由(利正)・千之助・七之助・文吉と、利視の甥の利謹の子・謹明(利済)が三戸を称した。信居の系統を新屋敷三戸氏、信駕の家を角屋敷三戸氏、信周の系統を中屋敷三戸氏と呼ぶ。存続したのはこの3家のみで、信伝が分家の旗本南部氏を継ぎ、信由と謹明が本家を継いで絶家、他は夭折および無嗣で断絶している。