サマーディの音写である三昧(さんまい、समाधिsamādhi)は、仏教やヒンドゥー教における瞑想で、精神集中が深まりきった状態のことをいう。三摩地(さんまぢ)、三摩提とも音訳され、等持と義訳される[1]。サマーディの語は「組み合わせ」という原義から「心を等しく持すること」の意に転じたもので、サマーパッティ (samāpatti, 等至) とも意味内容はほぼ同じとされる[1]。仏教においては個別ににて解説するが、仏教においても定の定義に沿わないものは本記事にて解説する。

このsamādhiという語は、インドの瞑想の伝統の中で培われたものであり、仏教だけでなく、共通の背景を持つヒンドゥー教ヨーガの用語としても用いられている。インドでは聖者の入滅をサマーディと表現する[1]

目次

『摩訶止観』において編集

天台智顗てんだいちぎによる『摩訶止観』(まかしかん)では、四種三昧(ししゅざんまい)として四つに分けられている。

  • 常坐三昧(一行三昧) - 90日間座り続ける。
  • 常行三昧(仏立三昧) - 90日間阿弥陀仏の周りを回りながら念仏を行う。
  • 半行半坐三昧 - 本尊の周りを歩く行と、座る行を行う。
    • 方等三昧 - 『大方等陀羅尼経』に基づいて7日間行われる。
    • 法華三昧 - 『法華経』に基づき37日間または21日間行われる。
  • 非行非坐三昧(随自意三昧)

ヨーガにおける三昧編集

ヨーガ・スートラでは、三昧とは静慮があたかも客体のみになって自体が空になったかのような状態であると定義される[1][2]。ヨーガ・スートラでは以下のように、「有想(うそう)三昧」と「無想(むそう)三昧」(第1章17-18節)、「有種子(うしゅし)三昧」と「無種子(むしゅし)三昧」(第1章41-51節)の別が説かれている[3]

有想三昧(サンプラジュニャータ・サマーディ)
尋(ヴィタルカ)、伺(ヴィチャーラ)、楽(アーナンダ)、我想(アスミター)の意識対象が伴っている三昧[3]
無想三昧(アサンプラジュニャータ・サマーディ)
行(サンスカーラ)だけが残っている三昧[3]
有種子三昧(サビージャ・サマーディ)
心の対象が残っている三昧[2]。ヨーガスートラに述べられる定(サマーパティ)の種類には有尋定(うじんじょう、サヴィタルカ・サマーパティ)、無尋定(むじんじょう、ニルヴィタルカ・サマーパティ)、有伺定(うしじょう、サヴィチャーラ・サマーパティ)、無伺定(むしじょう、ニルヴィチャーラ・サマーパティ)がある[3]
無種子三昧(ニルビージャ・サマーディ)
真智(直感智)さえも止まり、すべての心作用が止滅した時に生じる三昧[2]

漢訳における意訳編集

Samādhi を意訳したものとして、以下のような言葉がある。

心を一処に定めて動くことがない、の意。
正受
正しく所観のを受ける、の意。
調直定
心に暴を調え、心の曲がるのを直し、心が散るのを定める、の意。
正心行処
心の動きを正して、法に合わせるための依処である、の意。
息慮凝心
縁慮を止めて心念を凝結する、の意。[要出典]

俗用編集

  • 日常表現では上述の仏教用語を拡大解釈して、まるあそびや、あることばかり続いている、~に漬かりっぱなし。読書三昧、勉強三昧、ぜいたく三昧、今日は一日○○三昧など。この場合、連濁して「~ざんまい」と発音される。玉木正之川上哲治が好んで野球三昧と揮毫していたことを紹介し「この言葉は言い換え語の『野球漬け』などよりよほど深い、日が暮れるまで野球に明け暮れた少年時代に通じる境地」と述べている。
  • 火葬場のことを三昧ということがある。主に北陸地方。愛知県尾張地方に葬祭儀礼、仮埋葬、火葬を行う場所を三昧と呼ぶ例あり。兵庫県赤穂市坂越黒崎には、坂越の港で水難や病気などで亡くなった他国船乗りを葬った専用墓地、黒崎墓所がある。地域では「他所三昧(よそざんまい)」と呼ばれ、江戸期の、生国と俗名を記した他国の船乗りの墓石が30基ほど残っている。現在も地域住民によって清掃などが行われ、大切に守られている。また、火葬場のことも三昧とよぶ。

出典・註釈編集

  1. ^ a b c d 山下博司 『ヨーガの思想』 講談社〈講談社メチエ〉、2009年、127-129頁。
  2. ^ a b c 立川武蔵 『ヨーガの哲学』 講談社〈講談社学術文庫〉、2013年、88-93頁
  3. ^ a b c d 成瀬貴良 『ヨーガ事典』 BABジャパン、2010年、160-161頁

関連項目編集

外部リンク編集