メインメニューを開く

三木 久一(みき ひさいち、1925年11月20日 - 1948年[3])は、大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手外野手

三木 久一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1925-11-20) 1925年11月20日
没年月日 1948年
身長
体重
165 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 1943年
初出場 1943年4月28日[1]
最終出場 1946年7月1日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

浪華商(現・大阪体育大学浪商中学校・高等学校)を卒業後、1943年阪急軍に入団。勝負強い打撃で、戦力不足に悩んでいたチームを助けた。1945年の終戦直後に行われた第9回職業野球東西対抗戦[4]では西軍に選抜された。しかし、その頃から病気がちになり、阪急には1947年まで在籍したが、1946年7月1日ゴールドスター(後の大映ユニオンズ)戦(西宮球場)を最後に試合に出場することはなかった[2]

1947年シーズン途中に引退[5]。翌1948年(年月日及び死因は不明)に、23歳で死去した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1943 阪急 60 204 192 7 38 7 0 0 45 16 1 0 3 -- 7 -- 2 23 -- .198 .234 .234 .468
1944 30 103 92 11 24 5 1 1 34 12 2 0 1 -- 10 -- 0 10 -- .261 .333 .370 .703
1946 38 161 145 13 31 8 0 0 39 10 1 1 0 -- 14 -- 1 10 -- .214 .288 .269 .557
通算:3年 128 468 429 31 93 20 1 1 118 38 4 1 4 -- 31 -- 3 43 -- .217 .274 .275 .549

背番号編集

  • 24 (1943年)
  • 7 (1946年 - 1947年)

※1944年は全ての球団で、背番号を廃止した。

脚注編集

関連項目編集