メインメニューを開く

三木 勅男(みき ときお、1942年4月25日[1] - )は、日本政治家医師旭川医科大学卒。元・福井県武生市市長

福井県出身[1]東京大学法学部1968年に卒業[2]後、旭川医科大学医学部医学科に入学。卒業後、金沢大学附属病院神経精神科医師、福井医科大学附属病院神経科精神科助手、福井大学保健管理センター助教授、福井厚生病院ストレスケアセンター所長として勤務[3]1997年武生市長選に出馬し、初当選。2005年5月27日[4]まで2期務めた。2002年には市民のための行政監視官「男女平等オンブット」設立に尽力[5]2004年12月13日、今立町との合併協定書に調印した[6]

現在は、医療法人福仁会病院の医師。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 知恵蔵2001 別冊付録「キーパースン 現代日本人名録」』朝日新聞社、2001年、283頁。ISBN 9784023900011
  2. ^ 福井銀杏会 役員名簿 - 福井銀杏会
  3. ^ 日外アソシエーツ編 『新訂 現代政治家人名事典』 (日外アソシエーツ 、2005年)510頁。
  4. ^ 中西しんぞう新聞- 武生市議会副議長 中西真三
  5. ^ 日外アソシエーツ編 『新訂 現代政治家人名事典』 (日外アソシエーツ 、2005年)510頁。
  6. ^ 合併協定調印式 - 武生市・今立町合併協議会
先代:
1989-1997年
小泉剛康
武生市
1997年 - 2005年
三木勅男
次代:
2005年
奈良俊幸