三枝 佐枝子(さいぐさ さえこ、1920年10月4日 - )は、編集者評論家。旧姓、若尾。

略歴編集

山梨県甲府市生まれ。生家の若尾家は甲州財閥の中心的存在だった。1938年東洋英和女学院高等部1941年日本女子大学を卒業。1942年、同郷の三枝守雄と結婚。守雄は東大生時代に本郷追分のYMCAに寄宿していたことから佐枝子と知り合った。1946年4月には中央公論社へ入社し、1958年嶋中鵬二に代わって『婦人公論』編集長となり、日本で初めて商業誌の女性編集長となった。揺れ動く性道徳や女性観の中で斬新な誌面を作った。のち編集局長。1968年に退職し、1973年には商品科学研究所所長を務める。1984年には山梨県立総合婦人会館館長と県教育委員を務め、『山梨女性史ノート』編纂にも携わる。また、同年から13年間、読売新聞人生相談を担当した。

夫のある身で職業と家庭を両立させ、人生相談で不倫の相談をしてくる者に厳しい回答を与えていたのは、女性の評価がそういうことで下がってはならないという強い意志の表れだった。

著書編集

共編著編集

  • 『編集長から読者へ』今井田勲共著 現代ジャーナリズム出版会, 1967
  • 『これから女性はどう生きるか』編著 講談社, 1984
  • 『女たちの21世紀』責任編集 PHP研究所, 1988

脚注編集