メインメニューを開く

三浦 小太郎(みうら こたろう、1960年 - )は、日本評論家人権活動家維新政党・新風副代表[1]新しい歴史教科書をつくる会理事[2]北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会「カルメギ」編集長[3]アジア自由民主連帯協議会事務局長[4]。「右翼人権派」を自称[5]

目次

経歴・人物編集

東京都生まれ[6]獨協学園高校[6]獨協医科大学中退[7]。1990年代から「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)東京支部[8]などで、北朝鮮の人権問題脱北者の支援活動に参加している[6]。『現代コリア』編集部員[5]や「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(守る会)副代表[9]・代表[10]などを務めた。2014年11月から特定非営利活動法人江東映像振興事業団の副理事長・専務理事を務める[11]保守派の論客として『諸君! 』、『正論』、『別冊宝島』、『月刊日本』、『表現者』などに寄稿[6][12]。2016年に初の渡辺京二の評伝を刊行した[13]浦辺登[14]池澤夏樹[15]有田芳生[16][17]が高く評価している。

TV出演編集

著書編集

  • 『嘘の人権 偽の平和』高木書房、2010年
  • 『収容所での覚醒 民主主義の堕落』高木書房、2012年
  • 渡辺京二言視舎(言視舎評伝選)、2016年

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集