渡辺京二

渡辺 京二(わたなべ きょうじ、1930年8月1日 - )は、熊本市在住の日本の思想史家歴史家評論家

目次

来歴編集

京都府出身。碩台小学校、大連一中、第五高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。書評紙日本読書新聞編集者、河合塾福岡校講師を経て、河合文化教育研究所主任研究員。2010年、熊本大学大学院社会文化科学研究科客員教授に就任。

経歴編集

  • 活動写真の弁士であった父に従い、少年期の7年間を中国大連で過ごす。1947年(昭和22年)、大連から日本へ引揚げ、熊本市の縁者のもとに身を寄せる。
  • 1948年(昭和23年)に日本共産党に入党するが、翌1949年(昭和24年)結核を発症、結核療養所に入所し、1953年(昭和28年)までの約四年半をそこで過ごした。
  • 1956年(昭和31年)、ハンガリー事件により共産主義運動に絶望、離党する。
  • 1998年、近世から近代前夜にかけてを主題とし、幕末維新に訪日した外国人たちの滞在記を題材として、江戸時代明治維新により滅亡した一個のユニークな文明として甦らせた『逝きし世の面影』[1]を公表した。
  • 2010年には、北方における日本・ロシア・アイヌの交渉史をテーマとした『黒船前夜』を公表した。

受賞編集

雑誌への寄稿編集

  • 総合情報誌『選択』誌上で、『追想 バテレンの世紀』を長期連載した。2017年完結
  • 熊本県に本拠を置く「人間学研究会」は、渡辺が組織した勉強会であり同会が発行する雑誌『道標』にもエッセイ、評論等を寄稿することがある。

評価編集

  • 西部邁は『逝きし世の面影』について「渡辺京二さんが『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー)という本で面白いことをやっていまして、幕末から明治にかけて日本を訪れたヨーロッパ人たちの手紙、論文、エッセイその他を膨大に渉猟して、当時の西洋人が見た日本の姿――いまや失われてしまった、逝きし世の面影――を浮かび上がらせているのです。/この本を読むと、多くのヨーロッパ人たちが、この美しき真珠のような国が壊されようとしていると書き残しています。」と評した[2]

著書編集

単著編集

  • 『熊本県人 日本人国記』 新人物往来社 1973年/言視舎(改訂版) 2012年
  • 『小さきものの死 渡辺京二評論集』 葦書房(福岡) 1975年
  • 『評伝宮崎滔天』 大和書房 1976年/大和選書 1985年/書肆心水 2006年
  • 神風連とその時代』 葦書房(福岡) 1977年/洋泉社MC新書 2006年/洋泉社新書y 2011年
  • 北一輝』 朝日新聞社「朝日評伝選」 1978年/朝日選書 1985年/ちくま学芸文庫 2007年-毎日出版文化賞受賞(第33回)
  • 『日本コミューン主義の系譜 渡辺京二評論集』 葦書房(福岡) 1980年
  • 『地方という鏡』 葦書房(福岡) 1980年
  • 『案内 世界の文学』 日本エディタースクール出版部 1982年
    • 新版 『娘への読書案内 世界文学23篇』 朝日新聞社〈朝日文庫〉 1989年 
    • 再訂版 『私の世界文学案内 物語の隠れた小径へ』 ちくま学芸文庫 2011年
  • 『ことばの射程』 葦書房(福岡) 1983年
  • 『なぜいま人類史か』 葦書房(福岡) 1986年/洋泉社MC新書 2007年/洋泉社新書y 2011年
  • 『逝きし世の面影』 葦書房(福岡) 1998年/平凡社ライブラリー 2005年-和辻哲郎文化賞受賞
  • 『渡辺京二評論集成I 日本近代の逆説』 葦書房(福岡) 1999年
  • 『渡辺京二評論集成II 新版 小さきものの死』 葦書房(福岡) 2000年
  • 『渡辺京二評論集成III 荒野に立つ虹』 葦書房(福岡) 1999年
  • 『渡辺京二評論集成IV 隠れた小径』 葦書房(福岡) 2000年
  • 『日本近世の起源 戦国乱世から徳川の平和へ』 弓立社 2004年/洋泉社MC新書 2008年/洋泉社新書y 2011年
  • 『江戸という幻景』 弦書房 2004年
  • 『アーリイモダンの夢』 弦書房 2008年
  • 『黒船前夜~ロシア・アイヌ・日本の三国志』 洋泉社 2010年-大佛次郎賞受賞
  • 『渡辺京二コレクション〔1〕 史論 維新の夢』 ちくま学芸文庫、2011年6月 (小川哲生編)-編者は大和書房・洋泉社での元担当編集者。
  • 『渡辺京二コレクション〔2〕 民衆論 民衆という幻像』 ちくま学芸文庫、2011年7月 (小川哲生編)
  • 『未踏の野を過ぎて』 弦書房 2011年
  • 『細部にやどる夢 私と西洋文学』 石風社 2011年
  • 『ドストエフスキイの政治思想』 洋泉社新書y 2012年
  • 『もうひとつのこの世 石牟礼道子の宇宙』 弦書房 2013年
  • 『近代の呪い』 平凡社新書、2013年10月-講演録
  • 『万象の訪れ わが思索』 弦書房、2013年11月
  • 『幻影の明治 名もなき人びとの肖像』 平凡社、2014年3月
  • 『無名の人生』 文春新書、2014年8月
  • 『気になる人』 晶文社、2015年5月
  • 『さらば、政治よ 旅の仲間へ』 晶文社、2016年6月
  • 『父母の記 私的昭和の面影』 平凡社、2016年8月
  • 『私のロシア文学』 文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2016年8月
  • 新編 荒野に立つ虹』 弦書房、2016年12月
  • 『日本詩歌思出草』 平凡社、2017年4月
  • 『死民と日常 私の水俣病闘争』 弦書房、2017年11月
  • 『バテレンの世紀』 新潮社、2017年11月

共著編集

  • 『近代をどう超えるか-渡辺京二対談集』 弦書房(福岡) 2003年。有馬学中野三敏ら全7名
  • 『女子学生、渡辺京二に会いに行く』(津田塾大学三砂ちづるゼミとの共著)、亜紀書房、2011年/文春文庫、2014年12月
  • 『日本の国土 日本人にとってアジアとは何か』(共著)有斐閣 1982年

訳書編集

  • イヴァン・イリイチ 『コンヴィヴィアリティのための道具』(渡辺梨佐と共訳) 日本エディタースクール出版部、1989年/ちくま学芸文庫、2015年10月

評伝編集

脚注編集

  1. ^ 小谷野敦は、同書の徳川時代の性に関する箇所を厳しく批判しているが(『なぜ悪人を殺してはいけないのか』新曜社)、渡辺は同書の新版あとがきで、「案の定こういった反論を予測していた」と述べ、直接小谷野の名を挙げて反論はしなかったが、ダークサイド(暗黒面)のない社会などなく、それでも江戸文明が持つのびやかさは今日でも注目に値すると記した。(新版が平凡社ライブラリーのことなら、刊行は2005年9月、小谷野論文の初出は『比較文学研究』2005年11月なので、小谷野論文を読んで書かれたものではない)なお同書新版は、数年間で十数版を重刷した。
  2. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ 『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』 PHP研究所、2013年、79-80頁。

外部リンク編集