三浦 為脩(みうら ためのぶ)は、江戸時代後期の紀州藩家老。三浦長門守家第5代当主。父は紀州藩第7代藩主・徳川宗将。養父は紀州藩家老・三浦為恭官位従五位下長門守

 
三浦為脩
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦9年4月11日1759年5月7日
死没 寛政元年9月4日1789年10月22日
改名 久米之丞(幼名)→三浦為脩
別名 将監(通称)、丈之助(通称)
戒名 厳浄土院義嶽慧了
墓所 了法寺和歌山県和歌山市
官位 従五位下長門守
主君 徳川重倫治貞
紀州藩家老
氏族 徳川氏紀州徳川家)→三浦氏
父母 父:徳川宗将、母:村上氏
養父:三浦為恭
兄弟 直松、徳川重倫、門之進、内藤学文松平頼興松平頼謙松平忠功三浦為脩松平忠和安藤道紀阿部正由
正室:植村家道の娘
為積
テンプレートを表示

生涯編集

宝暦9年(1759年)4月11日、紀州藩主・徳川宗将の八男として生まれる。母は側室・村上氏。宝暦10年(1760年)5月に紀州藩家老・三浦為恭の養子となり、将監と称する。明和3年(1766年)3月に通称丈之助に改め、同年4月には兄である藩主・徳川重倫に拝謁する。

安永3年(1774年)5月の元服に際しては、兄の重倫が前髪執の儀を行い、備前長船祐定太刀を下賜している。翌安永4年(1774年)7月、養父・為恭の死去により家督相続し、安永5年(1777年)9月に江戸に出府して第10代将軍徳川家治世子徳川家基に拝謁。同年12月、従五位下長門守に任官し、家老となる。

天明元年(1781年)6月に徳川家斉将軍家の世子となり、同年7月に江戸城で拝賀する。天明7年(1787年)3月に家斉が将軍宣下を受けると、為脩は奉賀使として江戸に出府し、同年4月22日に江戸城で家斉に拝賀した。

寛政元年(1789年)9月4日、死去。享年31(満30歳没)。墓所は和歌山県和歌山市了法寺。家督は嫡男・為積が相続した。

参考文献編集