安藤 道紀(あんどう みちのり)は、江戸時代後期の紀伊国田辺藩12代藩主。通称は勘解由。官位従五位下・帯刀。

 
安藤道紀
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦9年12月21日1760年2月7日
死没 文政7年11月16日1825年1月4日
改名 徳川益之助(幼名)、松平頼融、安藤道紀
別名 勘解由(通称)
墓所 愛知県岡崎市大和町の妙源寺
官位 従五位下帯刀
主君 徳川治宝
紀伊田辺藩
氏族 紀州徳川家安藤氏
父母 父:徳川宗将、母:村上氏 養父:安藤次猷
兄弟 直松、徳川重倫、門之進、内藤学文
松平頼興松平頼謙松平忠功
三浦為脩松平忠和道紀阿部正由
千間姫、琴姫、致姫、逸姫、従姫
正室:飛鳥井雅重
継室:中御門宗美
男子8人(全て早世)、真珠院
養子:直與、養女:安藤直與正室
テンプレートを表示

生涯編集

宝暦9年(1760年)12月21日、紀州藩主・徳川宗将の十男として誕生。幼名は益之助。初名は頼融、直矢。寛政4年(1792年)10月27日に田辺藩11代藩主・安藤次猷の養子となる。

享和元年(1801年)5月9日、次猷が隠居したためその跡を継ぐ。藩政改革のため、養蚕御用所の設置、田辺城下の戸数、牛馬の調査などを行った。

文化5年(1808年)5月16日、家督を養子・直與(大身旗本安藤直之の五男)に譲って隠居した。文政7年(1825年)11月16日、死去した。享年66(満64歳没)。

系譜編集