メインメニューを開く

三浦 虎次郎(みうら とらじろう、1875年明治8年)12月23日 - 1894年(明治27年)9月17日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍三等水兵。『勇敢なる水兵』のモデル。

生涯編集

佐賀県佐賀郡東与賀村(現在の佐賀市)出身。父は三浦愛吉。1892年(明治25年)3月、五等水兵として佐世保海兵団に入団。「満珠」に乗組み訓練を受けた。翌年8月四等水兵に昇進し、佐世保水雷隊攻撃部に配属される。1894年(明治27年)1月、「松島」乗組みとなり、6月三等水兵に昇進。日清戦争を迎え、連合艦隊旗艦となった「松島」の下甲板前部弾庫員[1]として、黄海海戦に参戦。「鎮遠」から発射された30.5センチ砲弾が「松島」に命中し、三浦は戦死した。

死後、三十五回忌の命日に地元東与賀の村長や、佐賀毎夕新聞(後の佐賀新聞)社長中尾都昭らの寄付により顕彰碑が建立された。しかし、終戦後に進駐軍より取り壊しが命令され、村は拒んだものの碑文を削ることで決着した。その後10数年そのままであったが、1951年に復元されている。

勇敢なる水兵編集

三浦は死の直前、通りかかった「松島」副長・向山慎吉少佐に次のように問いかけた。「まだ定遠は沈みませんか」。向山から「定遠」が戦闘不能に陥った旨を聞くと、三浦は息が絶えた。戦闘終了後、「松島」は佐世保へ帰還したが、向山は立ち寄った本屋でこの経緯を語った。本屋の主人は新聞社の嘱託通信員であり、この水兵の死が新聞で報道された。記事を読んだ歌人・佐佐木信綱は一夜にして詞を書き上げ[2]奥好義が作曲した軍歌・『勇敢なる水兵』が創作された。

<勇敢なる水兵 一部引用>


呼びとめられし副長は 彼のかたへにたたずめり
声をしぼりて彼は問ふ まだ沈まずや定遠は
まだ沈まずや定遠は この言の葉は短くも
御国を守る武士の 胸にぞ深く刻まれぬ — 作・佐々木信綱

脚注編集

  1. ^ 『死者略伝』10/38
  2. ^ 『大海軍を想う』「勇敢なる水兵の出現」

参考文献編集

  • アジア歴史資料センター『死者略伝 巻3(2)』(C08040601800)
  • 池田清『日本の海軍(上)』朝日ソノラマ
  • 伊藤正徳『大海軍を想う』文藝春秋新社
  • 伊藤正徳『連合艦隊の最期』光人社NF文庫
  • 秦郁彦『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会
  • 『東与賀町史』東与賀町史編纂委員会、東与賀町、1982年11月3日。