メインメニューを開く

コルトギャランGTOCOLT Galant GTO)は、1970年より三菱自動車工業が製造・販売していたファストバックスタイルの2ドアハードトップクーペ

概要編集

コルトギャランの基本設計を流用しつつ、新たにスポーティーなハードトップクーペとして登場した。ドアパネルをギャランハードトップと共通とした以外は専用設計である。特にその造形設計(スタイリングデザイン)は、「ダイナウェッジライン」と称したスタイリッシュなフォルムで(『絶版日本車カタログ』三推社講談社 64頁参照)、トランクリッド後端の跳ね上がったダックテールは日本初である。当時のアメリカ製「マッスルカー」のトレンドを、小型車のサイズに巧みに反映させた精悍なものと評された。同じダックテールスタイルで登場したトヨタ・セリカLB(リフトバック)は1973年発売と、GTOより3年も後の事である。キャッチコピーは、Hip up coupe(ヒップアップクーペ・ギャランGTO)。

歴史(1970年-1977年)A53C/A55C/A57C型編集

三菱・コルトギャランGTO
A53C/A55C/A57C型
1600MR
2000GS-R
※1973年1月 - 1975年2月までの仕様
販売期間 1970年10月 - 1977年夏(生産終了)
乗車定員 5名
ボディタイプ 2ドア ハードトップクーペ
エンジン 直4 1.6L/1.7L/2.0L
駆動方式 FR
変速機 4MT/5MT/3AT
全長 4,125mm
全幅 1,580mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,420mm
車両重量 980kg
備考 デビュー時のMRのスペック
後継 三菱・ギャランΛ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1969年秋 - ギャランクーペGTX-1の名で東京モーターショーに出展される。
  • 1970年10月 - コルトギャランGTOの名前で発表および発売。イメージリーダー的グレードの「MR」は同年12月発売。当初は全てOHCヘッドを用いたサターンエンジン(4G32型エンジン)を搭載していた。内、「MR」に限りDOHCヘッド化されたエンジン(4G32型)を搭載。
  • 1972年2月 - 排気量を100ccアップしたエンジン(4G35型SOHCエンジン)を搭載した17Xシリーズとなり、AT車を追加。これに伴い「MR」を除き1,600ccの4G32型SOHCエンジン搭載車が廃止。
  • 8月 - 昭和48年排出ガス規制により「MR」廃止。高価なMRは835台生産と少数に留まる
  • 1973年
  • 1975年
    • 2月 - 2度目のマイナーチェンジ(仕様変更・安全対策)。3速AT車が廃止。2,000ccはサイレントシャフトが搭載されたアストロン80エンジン(4G52型エンジン)に変更。馬力変更は無し。GS-Rは高速走行時に車体を安定させる効果のあるエアダムスカートを装着。
    • 10月 - 一部変更。昭和51年排出ガス規制適合により全車パワーダウンを余儀なくされる。「1700SL」が4速MTから5速MTに変更され、「1700SL-5」に改称。事実上、トランスミッションが全車、5速MTに統一となる。
  • 1976年
    • 5月 - 一部変更(仕様変更・安全対策・最終型)。自動車保安基準改正による安全対策の強化のため前後バンパーの側面部分に黒色塩ビ樹脂製のサイドプロテクターが標準で装着される。これに伴いグレードが整理され、「2000GS-5」のみカタログ落ちとなる。
    • 昭和53年排出ガス規制に適合出来ず1977年夏、生産終了。全生産台数95720台。 実質的な後継車は三菱・ギャランΛとなる。なお、後のGTOスタリオンの系譜である。

車名の由来編集

関連項目編集

外部リンク編集