メインメニューを開く

三菱東京UFJ銀行大手町ビル

三菱東京UFJ銀行大手町ビル(みつびしとうきょうユーエフジェイぎんこうおおてまちビル)は、かつて東京都千代田区大手町一丁目にあった超高層ビルである。建て替えのため2012年に解体された。旧名称、三和銀行東京ビル。

三菱東京UFJ銀行大手町ビル
Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ Otemachi Building 2012-01-26.JPG
施設情報
所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番1号
座標 北緯35度41分12.2秒 東経139度45分44.7秒 / 北緯35.686722度 東経139.762417度 / 35.686722; 139.762417座標: 北緯35度41分12.2秒 東経139度45分44.7秒 / 北緯35.686722度 東経139.762417度 / 35.686722; 139.762417
状態 解体済
竣工 1973年11月
解体 2012年
用途 銀行
地上高
高さ 99.7m[1]
各種諸元
階数 地上25階、地下4階
敷地面積 8,667 [2]
建築面積 4,716 [2]建蔽率54%)
延床面積 94,541 [2]容積率1091%)
構造形式 S造SRC造RC造
関連企業
設計 日建設計大阪
施工 大林組仙台支店[3]
デベロッパー 三和銀行
テンプレートを表示

建築編集

1973年に、皇居大手濠・内堀通りに面した千代田区大手町一丁目1番1号に、三和銀行設立40周年を記念して三和銀行東京ビル(通称 サンワ東京ビル)が竣工した。その後三和銀行は2002年東海銀行と合併しUFJ銀行2005年東京三菱銀行と合併して三菱東京UFJ銀行と行名を変更し、これに合わせて建物名称も変更している。

最高部の高さは99.7mで、これまでの日本の銀行建築で100m近いものは例がなく、銀行の高層化が話題になった。内堀通りから日比谷通りまで連続した敷地を持つのは本ビルのみで、ビジネス街の日比谷通り側には営業部門が入る低層部、中央に同行の東京本部が入る高層部、皇居側は1650m2のプラザ(公開緑地)とし、低層部屋上にも庭園を設けた[1]。黒の花崗岩仕上げで、全階にバルコニーを持つ彫りの深い外観を有する[4]。二重ガラスの窓は南北側で1.5m、東西側では2.6m外壁から引っ込めてあり、直射日光を遮り地震時のガラス落下防止の役割を持たせた[1]。建物の外周は歩道と一体となった公開空地を提供している[5]。低層部の床面は道路より50cmほど下げ、高層部のエレベーターも中央からずらし、日比谷通り側・内堀通り側から向こう側を見通せる「視覚の道」を形づくった[1]

1975年に第16回BCS賞[2]、2008年には日本建築家協会主催第8回JIA25年賞[4]を受賞した。

その後南側に隣接するりそな・マルハビルとともに建て替えられることとなり、2012年より解体に着手。本ビル跡地には、2017年1月に大手町パークビルディングが竣工した[6]。また再開発街区は大手町ホトリアネーミングされた。

脚注編集

参考文献編集

  • 森喜則、今吉賢一『ビル紳士録』毎日新聞社、1992年、48-49頁。ISBN 4-620-30885-4

関連項目編集