三菱重工広島硬式野球部

三菱重工業 > 三菱重工広島硬式野球部

三菱重工広島硬式野球部(みつびしじゅうこうひろしまこうしきやきゅうぶ)は、広島県広島市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

三菱重工広島硬式野球部
チーム名(通称) 三菱広島、三菱重工広島、広製
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム(2004年~2008年途中までクラブチーム
創部 1946年
チーム名の遍歴

  • 三菱重工広島 (1946 - 1949)
  • 中日本重工業広島 (1950 - 1951)
  • 新三菱重工広島 (1952 - 1963)
  • 三菱重工広島 (1964 - )
本拠地自治体

練習グラウンド 三菱広島グラウンド(広島県広島市西区
チームカラー 赤色、黒色
監督 町田公二郎
都市対抗野球大会
出場回数 17回
最近の出場 2020年
最高成績 優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 17回
最近の出場 2017年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

概要編集

戦後間もない1946年に、三菱重工業の広島製作所で『三菱重工広島硬式野球部』として創部。

1974年日本選手権に初出場し4強入りし、1979年には都市対抗野球で初出場・初優勝を果たした。

2004年三菱重工業本社の方針により会社登録の運動部からクラブチームへの降格が言い渡されたが、チームはこれをバネに奮起し、翌2005年には9年ぶりに都市対抗野球への出場を決めた。

2008年9月、クラブ登録から再び会社登録の企業チームへ変更された[1][2]

沿革編集

  • 1946年 - 『三菱重工広島』として創部。
  • 1950年 - 本社改称に伴い、チーム名を『中日本重工業広島』に改称。
  • 1952年 - 本社改称に伴い、チーム名を『新三菱重工広島』に改称。
  • 1964年 - 本社改称に伴い、チーム名を『三菱重工広島』に改称。
  • 1974年 - 日本選手権に初出場(4強)。
  • 1979年 - 都市対抗野球に初出場(優勝)。
  • 2004年 - 企業チームからクラブチームに登録変更(チーム名称は変更なし)。
  • 2008年 - クラブチームから企業チームに登録変更(チーム名称は変更なし)。
  • 2018年 - 5月25日、所属する選手の不祥事により第89回都市対抗野球大会の2次予選である中国予選の出場辞退を決めた[3]
  • 2020年 - 3月19日、三菱重工業は、社会人野球の三菱重工名古屋、三菱日立パワーシステムズ(横浜)、三菱重工神戸・高砂、三菱重工広島の4チームを、2021年から2チームに再編すると発表し、チーム強化策の一環として、横浜と神戸・高砂の2拠点に再編・集約されることとなった。[4][5]

練習場編集

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

かつて在籍していた選手編集

脚注編集

  1. ^ 社会人野球:三菱重工広島野球部が会社登録に - 毎日jp(毎日新聞)
  2. ^ チーム情報 2008年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2016年12月17日閲覧。
  3. ^ 都市対抗野球:中国予選、三菱重工広島が辞退 選手不祥事 毎日新聞 2018年5月25日
  4. ^ 三菱重工 | 三菱重工グループ全体でスポーツ活動を推進し社会に貢献 「社会貢献・CSR」「社員エンゲージメント」「企業ブランド」を向上” (日本語). Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.. 2020年3月22日閲覧。
  5. ^ [社会人野球]プロ多数輩出の社会人野球強豪・三菱重工名古屋が事実上の「廃部」…OBの中日・勝野も「寂しい」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2020年3月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集