メインメニューを開く
2018年 > 2018年のスポーツ > 2018年の野球

2018年の野球(2018ねんのやきゅう)では、2018年野球界における動向をまとめる。

2017年の野球 - 2018年の野球 - 2019年の野球

目次

出来事編集

1月編集

  • 9日 -【独立・ルートインBCリーグ】 石川ミリオンスターズは、ヴァイスプレジデント兼総合コーチを務める武田勝(元北海道日本ハムファイターズ)が、監督に就任することを発表[1]。武田は前年以来、日本ハム球団職員の身分で石川に派遣されているが、監督就任後もこの形式は継続する[1]
  • 10日 - 【高校野球】 日本高校野球連盟は、第90回記念選抜高等学校野球大会運営委員会を開催し、今春の選抜大会から導入するタイブレーク方式についての詳細を決定。大会では1回戦から準決勝までの試合で延長13回に入った際、その表の攻撃から『ノーアウトランナー・一塁二塁』とし、打順も前イニングからの継続(例:四番打者の打席でイニングが始まる場合は、二番打者と三番打者をランナーとして塁に置く)として試合を再開する。また決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず延長15回で引き分けた場合は再試合とするが、その再試合では準決勝までと同じ形でタイブレーク方式を採用する[2]。また日本高校野球連盟は夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会並びにその予選となる地方大会でも、選抜大会と同様の形式でタイブレーク方式を一律に採用することも併せて決定した[3]
  • 15日 - 【アマチュア野球】 野球殿堂博物館は、2018年度の野球殿堂顕彰者を発表し、特別表彰部門で瀧正男中京商業元選手、監督など)を選出した[4]

2月編集

3月編集

4月編集

  • 24日 - 【独立・ルートインBCリーグ】静岡県浜松市に事務所を置く「静岡県民球団」の準加盟を承認したと発表[12]

5月編集

6月編集

7月編集

  • 4日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】大阪府堺市を本拠とする新球団(この時点では名称未定)が2019年よりリーグ戦に参加することを発表[20]。新球団の監督には、元横浜DeNAベイスターズの大西宏明が就任する予定[20]
  • 7日 - 【独立・ルートインBCリーグ】福井ミラクルエレファンツの岩本輝(元阪神タイガース)が、オリックス・バファローズに入団することが発表された[21]
  • 17日 - 【メキシカンリーグ】メキシカンリーグの試合で、明らかな空振りをボールと判定したことにより、球審および一塁塁審を出場停止とする処分を下した[22]
  • 24日 - 【独立・ルートインBCリーグ】準加盟球団の茨城アストロプラネッツについて、リーグ代表者会議で本加盟を承認したと発表した[23]
  • 7月25日 - 【高校野球】崇徳高の監督に同校OBで元早稲田大学監督の應武篤良が就任することが発表された。

8月編集

  • 7日 - 【高校野球】元千葉ロッテ喜多隆志興國高の監督に就任したことが発表された。
  • 24日 - 【独立・ルートインBCリーグ】滋賀ユナイテッドベースボールクラブは、監督の松本匡史が体調不良を理由に期限を定めない休養に入ったこと、投手コーチの成本年秀が代理監督に就任したことを発表[24]
  • 25日 - 【高校野球】 智辯学園和歌山高等学校は、1980年より同校硬式野球部監督を38年間務めた高嶋仁が今季限りで勇退して名誉監督に就任すること及び、後任の監督にコーチを務める元阪神タイガース捕手の中谷仁が就任することを発表した[25]
  • 28日 - 【独立・ルートインBCリーグ】本加盟の審査をおこなっていた静岡県民球団(準加盟)について、球団設立・運営の体制が不十分として加盟を見送り、2019年のシーズンは茨城アストロプラネッツを加えた11球団でリーグ戦を実施すると発表[26]
  • 31日 - 【高校野球】桐生第一は1999年に全国制覇の経験があり1985年より同校野球部監督を務めた福田治男を「総合的な経営判断」として交代させることを発表した。

9月編集

  • 2日 - 【独立・ルートインBCリーグ】 西地区で後期優勝マジックを1としていた富山GRNサンダーバーズが、この日の石川ミリオンスターズ戦(魚津桃山運動公園野球場)に勝ち、3年ぶり3度目の後期優勝を達成[27]
  • 5日
  • 6日 - 【独立・ルートインBCリーグ】東地区で後期優勝マジックを1としていた群馬ダイヤモンドペガサスは、この日の新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ戦(村上市荒川球場)に勝ち、3年連続の前後期制覇(6期連続)を達成[30]
  • 8日 - 【独立・ルートインBCリーグ】休養していた滋賀ユナイテッドベースボールクラブの松本匡史監督が復帰[31]
  • 9日 - 【独立・ルートインBCリーグ】栃木ゴールデンブレーブスは小山運動公園野球場でシーズン最終戦となる対群馬ダイヤモンドペガサス戦をおこない、試合終了後に村田修一(元読売ジャイアンツ)が現役を引退することを正式に表明した[32]
  • 11日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】来年よりリーグ戦に参加予定の堺市の球団名が「堺シュライクス」に決定したと球団運営会社が発表[33]
  • 15日 - 【独立・ルートインBCリーグ】群馬ダイヤモンドペガサスは、前後期通算勝率2位の福島ホープスと対戦した東地区のチャンピオンシップ第1戦(前橋市民球場)に、0対0(延長12回)で引き分け、リーグ規定により、3年連続となる東地区優勝を達成[34]
  • 17日 - 【独立・ルートインBCリーグ】西地区のチャンピオンシップ第2戦(三国運動公園野球場)で福井ミラクルエレファンツは、富山GRNサンダーバーズに7対3で勝利して対戦成績を2勝0敗とし、3年ぶりとなる西地区優勝を達成[35]
  • 19日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】愛媛マンダリンパイレーツは最終戦となった徳島インディゴソックス戦(新居浜市営球場)に7-3で勝利し、逆転で2年ぶりとなる後期優勝を達成[36]
  • 25日 - 【高校野球】学法石川の監督に前仙台育英監督の佐々木順一朗が就任することが発表された。
  • 27日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】リーグ戦優勝マジックを1としていた和歌山ファイティングバーズは、マジック対象チームの06BULLSとの試合が雨天中止(規定上引き分け扱い)となったため、初の優勝を達成[37]

10月編集

  • 1日
    • 【独立・ルートインBCリーグ】群馬ダイヤモンドペガサスは福井ミラクルエレファンツとのリーグチャンピオンシップ(前橋市民球場)第4戦に6対4で勝利し、対戦成績を3勝1敗として、2年ぶり・4度目の年間総合優勝を達成[38]
    • 【独立・ルートインBCリーグ】武蔵ヒートベアーズを運営する埼玉県民球団は、チーム名を「埼玉武蔵ヒートベアーズ」に変更すると発表した[39]
  • 2日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】香川オリーブガイナーズは愛媛マンダリンパイレーツとのチャンピオンシップ第4戦(松山中央公園野球場)に3対2で勝利し、対戦成績を3勝1敗として、6年ぶり・6度目の年間総合優勝を達成[40]
  • 14日
    • 【独立】群馬ダイヤモンドペガサスは、香川オリーブガイナーズとのグランドチャンピオンシップ第4戦(前橋市民球場)に4対2で勝利し、2年ぶり2度目の優勝を達成した[41]
    • 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】和歌山ファイティングバーズは、兵庫ブルーサンダーズとのチャンピオンシップ第1戦(田辺スポーツパーク野球場)に5対4で勝利し、対戦成績を2勝(リーグ戦優勝によるアドバンテージ1勝を含む)として、初優勝を達成[42]


競技結果編集

独立リーグ(日本)編集

四国アイランドリーグplus編集

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 23 9 4 .719 - 愛媛マンダリンパイレーツ 15 10 5 .600 -
2位 高知ファイティングドッグス 17 14 5 .548 5.5 徳島インディゴソックス 16 11 3 .593 0.0
3位 愛媛マンダリンパイレーツ 11 23 2 .324 7.5 高知ファイティングドッグス 9 15 6 .375 5.5
4位 徳島インディゴソックス 9 23 4 .281 1.0 香川オリーブガイナーズ 10 17 3 .370 0.5
リーグチャンピオンシップ編集
第1戦 香川 2 - 1 愛媛
第2戦 香川 3 - 2 愛媛
第3戦 愛媛 4 - 0 香川
第4戦 香川 3 - 2 愛媛
(香川は6年ぶり6回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ編集

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 21 11 3 .656 - 群馬ダイヤモンドペガサス 25 5 5 .833 -
2位 福島ホープス 19 11 5 .633 1.0 福島ホープス 21 11 3 .656 5.0
3位 新潟アルビレックスBC 14 17 4 .452 5.5 栃木ゴールデンブレーブス 15 19 1 .441 7.0
4位 武蔵ヒートベアーズ 13 20 2 .394 2.0 新潟アルビレックスBC 15 19 1 .441 0.0
5位 栃木ゴールデンブレーブス 9 19 7 .321 1.5 武蔵ヒートベアーズ 7 25 3 .219 7.0

※後期の栃木と新潟は同率3位。

西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 福井ミラクルエレファンツ 22 11 1 .667 - 富山GRNサンダーバーズ 22 10 2 .688 -
2位 信濃グランセローズ 20 10 4 .667 0.5 福井ミラクルエレファンツ 19 11 4 .633 2.0
3位 石川ミリオンスターズ 16 16 2 .500 5.0 信濃グランセローズ 15 17 2 .469 5.0
4位 富山GRNサンダーバーズ 16 17 1 .485 0.5 石川ミリオンスターズ 13 19 2 .406 2.0
5位 滋賀ユナイテッドBC 5 28 1 .152 11.0 滋賀ユナイテッドBC 7 24 3 .226 5.5

※前期の福井と信濃は同勝率。直接対戦成績(4勝3敗)により福井が優勝。

プレーオフシリーズ編集
第1戦 群馬 0 - 0 福島
※群馬に2勝のアドバンテージ、通算2勝1分で群馬が地区優勝
第1戦 福井 7 - 0 富山
第2戦 福井 7 - 3 富山
第1戦 福井 4 - 3 群馬
第2戦 群馬 10 - 2 福井
第3戦 群馬 8 - 3 福井
第4戦 群馬 6 - 4 福井
(群馬は2年ぶり4回目の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ編集

第1戦 群馬 4 - 2 香川(10月7日レクザムスタジアム
第2戦 群馬 3 - 0 香川(10月8日レクザムBP丸亀
第3戦 群馬 6 - 6 香川(10月13日前橋市民球場
第4戦 群馬 4 - 2 香川(10月14日、前橋市民球場)
  • (群馬は2年ぶり2回目の優勝)

BASEBALL FIRST LEAGUE編集

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
優勝 和歌山ファイティングバーズ 17 11 2 .607 -
2位 兵庫ブルーサンダーズ 15 17 1 .469 .4.0
3位 06BULLS 14 18 1 .438 5.0
リーグチャンピオンシップ 10月14日(田辺スポーツパーク野球場)
第1戦 和歌山 5 - 4 兵庫
(和歌山は初の総合優勝)

社会人野球編集

決勝:大阪ガス大阪市)2-0三菱重工神戸・高砂神戸市高砂市)(初優勝)[44]

大学野球編集

決勝 東北福祉大仙台六大学) 6-2国際武道大千葉県[45]
(東北福祉大は14年ぶり3回目の優勝)

高校野球編集

男子編集

決勝:大阪桐蔭近畿大阪5 - 2 智弁和歌山(近畿・和歌山[46]
大阪桐蔭は2年連続3度目の優勝
決勝:大阪桐蔭北大阪13 - 2 金足農秋田[47]
大阪桐蔭は4年ぶり5度目の優勝。春夏連覇2度目は史上初
決勝:中京学院大中京(東海・岐阜) 3 - 0 河南(大阪)
中京学院大中京は2年連続9回目の優勝

女子編集

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b “日ハム武田勝氏、BC石川の監督に就任 球団から派遣の形は継続”. Full-Count. (2018年1月9日). https://full-count.jp/2018/01/09/post101558/ 2018年1月9日閲覧。 
  2. ^ “センバツ導入のタイブレーク 十三回無死一、二塁で開始”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年1月10日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180110/hig18011016530002-n1.html 2018年1月10日閲覧。 
  3. ^ “夏の甲子園もタイブレーク センバツと同じく十三回無死一、二塁で開始”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年1月10日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180110/hig18011018010003-n1.html 2018年1月10日閲覧。 
  4. ^ “平成30年 野球殿堂入り発表 松井氏、金本氏、原氏、瀧氏が殿堂入り” (プレスリリース), 野球殿堂博物館, (2018年1月15日), http://i.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/halloffame2018_02.html 2018年1月15日閲覧。 
  5. ^ 愛媛MP新入団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年2月2日)
  6. ^ 鈴木伸良一軍監督就任について - 兵庫ブルーサンダーズ(2018年2月2日)
  7. ^ 加藤秀司シニアディレクター兼インパルス監督就任について - 兵庫ブルーサンダーズ(2018年2月2日)
  8. ^ “元阪神の江草仁貴氏、大阪電通大野球部コーチに就任”. 日刊スポーツ. (2018年2月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802150000021.html 2018年2月16日閲覧。 
  9. ^ フランシスコ・ぺゲーロ選手 入団について - 千葉ロッテマリーンズ(2018年2月16日)
  10. ^ “村田修一のBCリーグ栃木入りを発表”. 日刊スポーツ. (2018年3月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803050000389.html 2018年3月5日閲覧。 
  11. ^ a b 香川OG 新コーチ就任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年3月8日)
  12. ^ ルートインBCリーグ準加盟球団承認のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグニュースリリース(2018年4月24日)
  13. ^ 2018年5月8日 - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ公式facebook
  14. ^ 新入団選手のお知らせ”. 富山GRNサンダーバーズ公式HP (2018年3月9日). 2018年5月19日閲覧。
  15. ^ 新外国人選手保有権譲渡合意のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ公式HP (2018年5月10日). 2018年5月16日閲覧。
  16. ^ “香川、前期V 四国ILPlus”. 四国新聞. (2018年6月1日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20180601000156 2018年6月1日閲覧。 
  17. ^ “オリックス育成の神戸がBCリーグ・福井へ”. 日刊スポーツ. (2018年6月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/201806110000480.html 2018年6月11日閲覧。 
  18. ^ 福井ミラクルエレファンツ ADVANCE-West前期優勝決定”. BCリーグ公式HP (2018年6月21日). 2018年6月23日閲覧。
  19. ^ 群馬ダイヤモンドペガサス FUTURE-East前期優勝決定”. BCリーグ公式HP (2018年6月22日). 2018年6月23日閲覧。
  20. ^ a b 新球団設立のお知らせ - BASEBALL FIRST LEAGUE(2018年7月4日)
  21. ^ 岩本輝投手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式HP (2018年7月7日). 2018年7月22日閲覧。
  22. ^ This is the worst blown call in the history of baseball Yahoo!(英語) 2018年7月20日
  23. ^ ルートインBCリーグ新球団加盟について - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年7月24日)
  24. ^ 松本匡史監督 休養のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年8月24日)
  25. ^ “智弁和歌山・高嶋監督退任「ノックできなくなった」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年8月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201808250000307.html 2018年8月25日閲覧。 
  26. ^ 静岡県民球団の本加盟審査の結果について - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年8月28日)
  27. ^ “サンダーバーズ後期優勝”. 北國新聞. (2018年9月3日). https://www.hokkoku.co.jp/subpage/TL20180903611.htm 2018年9月3日閲覧。 
  28. ^ “元ロッテ小宮山悟氏が早大野球部監督就任へ 元日付”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809050000902.html 2018年9月5日閲覧。 
  29. ^ “Dバックス契約の吉川“永久追放”日本野球連盟処分”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809060000118.html 2018年9月6日閲覧。 
  30. ^ “青木・井野口・カラバイヨ 祝砲3発 ペガサス 前後期3連覇《BCリーグ》”. 上毛新聞. (2018年9月7日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/77635 2018年9月7日閲覧。 
  31. ^ 松本監督復帰のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(2018年9月7日)、2018年9月8日閲覧
  32. ^ “村田修一、涙の花道「現役を引退します。満員の球場で野球ができて幸せでした」”. スポーツニッポン. (2018年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/10/kiji/20180909s00001000448000c.html 2018年9月10日閲覧。 
  33. ^ 【大阪府堺市に独立リーグの球団をつくりたい!】つくろう堺市民球団、球団名決定『堺シュライクス』に! - 株式会社つくろう堺市民球団(2018年9月11日、Value Pressによる転載)
  34. ^ “ペガサス 東地区V3 前後期優勝の貯金生かす BCリーグ”. 上毛新聞. (2018年9月16日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/79709 2018年9月16日閲覧。 
  35. ^ “エレファンツが3年ぶり地区優勝 西地区CS、富山に2連勝”. 福井新聞. (2018年9月17日). http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/701708 2018年9月18日閲覧。 
  36. ^ “愛媛MP、2年ぶり5度目の後期優勝”. 愛媛新聞. (2018年9月19日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201809190264?utm_source=article&utm_medium=referral&utm_campaign=osusume&utm_content=news201809190263 2019年9月19日閲覧。 
  37. ^ “ファイティングバーズが優勝 野球独立リーグ”. 紀伊民報. (2018年9月28日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=358949 2018年9月29日閲覧。 
  38. ^ “ペガサス BCリーグ制覇 2年ぶり4度目 日本一へ挑戦権獲得”. 上毛新聞. (2018年10月2日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/83105 2018年10月2日閲覧。 
  39. ^ チーム名変更について (PDF) - 埼玉県民球団(2018年10月1日)
  40. ^ “香川6年ぶり総合V 愛媛に3-2 四国ILplus CS第4戦”. (2018年10月3日). https://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20181003000154 2018年10月3日閲覧。 
  41. ^ “ダイヤモンドペガサス 2度目の独立リーグ日本一 強力打線爆発”. 上毛新聞. (2018年10月15日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/85814 2018年10月15日閲覧。 
  42. ^ “野球独立リーグで和歌山優勝 CSで兵庫に逆転勝ち”. 紀伊民報. (2018年10月15日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=359799 2018年10月15日閲覧。 
  43. ^ 第3戦と第4戦は福井のホームゲームとして開催。
  44. ^ 大阪ガスが完封で近畿対決制し初優勝/都市対抗詳細] -日刊スポーツ 2018年7月24日掲載・閲覧
  45. ^ <全日本大学野球>東北福祉大が3回目の優勝 - 毎日新聞 2018年6月17日掲載・閲覧
  46. ^ 大阪桐蔭が優勝 史上3校目の春連覇 毎日新聞 2018年4月4日配信
  47. ^ 大阪桐蔭 史上初!2度目春夏連覇 根尾バックスクリーン弾&藤原快足で中前二塁打 スポニチアネックス 2018年8月22日配信
  48. ^ 全国高校女子硬式野球選抜:神戸弘陵が初優勝 毎日新聞 2018年4月3日配信
  49. ^ 【女子野球】京都両洋が初優勝、マドンナジャパンの坂原が完封 スポーツ報知 2018年8月3日配信
  50. ^ Jeff Fletcher (2018年1月4日). “Rob Picciolo, former Angels and Padres coach, dies at 64” (英語). Daily News. Los Angeles Daily News. 2018年1月4日閲覧。
  51. ^ 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳”. スポニチアネックス (2018年1月6日). 2018年1月6日閲覧。
  52. ^ “元西武の片平晋作氏が膵臓がんで死去 68歳”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年1月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801220000538.html 2018年1月22日閲覧。 
  53. ^ “33歳元大リーガーが死去 医薬品不足で治療できず”. 日刊スポーツ. (2018年1月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201801290000666.html 2018年1月29日閲覧。 
  54. ^ “高倉氏逝く 西鉄野武士軍団の切り込み隊長”. 西日本新聞. (2018年2月13日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/393657/ 2018年2月13日閲覧。 
  55. ^ “Former major-league pitcher Sammy Stewart dies at 63” (英語). WLOS News 13. (2018年3月4日). https://www.bizjournals.com/stlouis/news/2018/02/28/william-bucky-bush-chairman-of-bush-odonnell-dies.html 2018年3月4日閲覧。 
  56. ^ Obituary for Stephen Lewis Stroughter” (英語). Salser & Dillard Funeral Chapel (2018年3月6日). 2018年3月10日閲覧。
  57. ^ “Ed Charles, Infield Sage of the Miracle Mets, Is Dead at 84” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (2018年3月15日). https://www.nytimes.com/2018/03/15/obituaries/ed-charles-a-mainstay-of-the-miracle-mets-dies-at-84.html 2018年3月18日閲覧。 
  58. ^ “草創期の職員・渡部さん死去 カープの語り部 悼む声 市民球団の歩み体現”. ヒロシマ平和メディアセンター. (2018年4月24日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=82257 2018年4月25日閲覧。 
  59. ^ ““鉄人”衣笠祥雄氏が大腸がん死去、19日まで仕事”. 日刊スポーツ. (2018年4月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804240000356.html 2018年4月24日閲覧。 
  60. ^ “ヤクルト元スカウト部長の小田義人氏死去 71歳 青木宣親らの入団に尽力”. スポニチアネックス. (2018年6月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/05/kiji/20180605s00001173208000c.html 2018年6月6日閲覧。 
  61. ^ Longtime umpire Rennert dies at 88”. MLB news. MLB.com (2018年6月19日). 2018年6月20日閲覧。
  62. ^ 宇佐美敏晴、ありがとう”. 堀内恒夫オフィシャルブログ 「今日もどこかであくたろう」 (2018年6月21日). 2018年6月27日閲覧。
  63. ^ “65年間カブスに尽くした用具係のヨシ・カワノ氏、97歳で逝去”. Sporting News. (2018年6月28日). https://www.sportingnews.com/jp/mlb/news/65年間カブスに尽くした用具係のヨシカワノ氏97歳で逝去/1ukurju3asolm12ggtdy4vx9he 2018年6月30日閲覧。 
  64. ^ “元ヤクルト、南海の大塚徹氏死去 サヨナラ押し出し四球4度の日本記録保持者”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年7月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/14/kiji/20180714s00001173214000c.html  2018年7月14日閲覧。 
  65. ^ “ブキさん死去…1956年南海入団時に伝説争奪戦「あなた買います」モデル”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年8月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180804/haw18080405030003-n1.html 2018年8月4日閲覧。 
  66. ^ “元阪神スカウト非常勤顧問、岡田悦哉氏が死去 87歳 鳥谷獲得に尽力”. サンケイスポーツ. (2018年8月14日). https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180814/npb18081420490009-s.html 2018年8月15日閲覧。 
  67. ^ “訃報 八田正さん81歳=元プロ野球・阪急内野手”. 毎日新聞社. (2018年8月20日). http://mainichi.jp/articles/20180821/k00/00m/050/085000c 2018年8月20日閲覧。 
  68. ^ “日本野球機構パ・リーグ統括の仲野和男氏死去”. 時事ドットコムニュース. 時事通信社. (2018年8月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082000969&g=obt 2018年8月20日閲覧。 
  69. ^ “Dean Stone” (英語). Schroder Mortuary. (2018年8月21日). https://www.schrodermortuary.com/notices/Dean-Stone 2018年8月22日閲覧。 
  70. ^ “82歳で死去の元広島投手・鵜狩道夫氏 長嶋茂雄「幻の本塁打」事件の当事者”. FULLCOUNT. (2018年9月7日). https://full-count.jp/2018/09/07/post198087/ 2018年9月7日閲覧。 
  71. ^ “試合前のアクシデントに泣いた好素材 西鉄全盛期を支えた故・田辺義三氏”. FULLCOUNT. (2018年9月19日). https://full-count.jp/2018/09/19/post207015// 2018年9月19日閲覧。 
  72. ^ “元西鉄・滝内弥瑞生氏が死去 82歳” (日本語). Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/23/kiji/20180923s00001173218000c.html 2018年9月23日閲覧。 
  73. ^ “【ロッテ】金田正一氏実弟・留広氏が死去” (日本語). スポーツ報知. (2018年10月11日). https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181011-OHT1T50094.html 2018年10月11日閲覧。 
  74. ^ “プロ野球創成期の強打者、古川清蔵さん死去 96歳…老衰”. サンケイスポーツ. (2018年10月18日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181018/npb18101805010006-n1.html 2018年10月19日閲覧。