三見村(さんみそん)は、山口県阿武郡西部にかつて存在した村である。1955年3月1日に、阿武郡大井村見島村六島村と共に萩市に編入され廃止した。

さんみそん
三見村
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 編入合併
三見村大井村見島村六島村萩市
現在の自治体 萩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
阿武郡
隣接自治体 萩市三隅町
三見村役場
所在地 759-3721
山口県阿武郡三見村石丸
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

北西部には日本海が広がり、北長門海岸国定公園の一部となっている。海上には、鯖島という無人島やいくつかの岩礁も見られる。海沿いに漁港や漁村があり、隠れた釣りの穴場となっている。村の中心には三見川が流れ、そこを中心とした小さな平野に田園地帯があるが、他は山がちの地形である。

海沿いにJR山陰本線が走り、南部の山沿いを国道191号が走る。国道191号は三見地区を抜けた後、長門市三隅へ向かって同国道の難所の一つである鎖峠を越えることになる。ただ、後述の萩・三隅道路の部分開通により、萩市街および三見地区より車で三隅方面へ行く際には鎖峠を越える必要はなくなった。

歴史編集

三見」の名前の由来として、かつて平家で三位のにあった貴族が、平家滅亡後この地に落ちのびて来たからだという説話がある。もっとも、実際には、平家の三位は京都で死亡しておりこの地には落ちのびていない。江戸時代から明治時代にかけて全国で流行した、自分たちの先祖は武士公家であり今は卑しい身分でも昔は高貴な身分であったと作話する典型的例であり珍しくはない話である。この説話も、江戸時代中期頃に作話されたものである可能性が高い。

また、よく作物の取れる場所であるという意味の「作美(さくみ)」が変化したものだという説もあり、こちらの方が妥当と思われる。

市地区は、江戸時代には下関を結ぶ赤間関街道宿場町として栄えた。

沿革編集

小字編集

  • 河内(かわち)
  • 浦(うら)1区 - 5区
  • 駅通(えきどおり)
  • 石丸(いしまる)
  • 蔵本(くらもと)
  • 畦田(あぜた)
  • 中山(なかやま)
  • 吉広(よしひろ)
  • 市(いち)
  • 手水川(ちょうずがわ)
  • 床並(とこなみ)
  • 明石(あけいし)
  • 飯井(いい)

現況・その他編集

山口県北浦地区の他の地区と同じく、過疎化高齢化が深刻であるが、現在国道191号のバイパスとしての萩・三隅道路山陰自動車道)が、三見地区の中心部を抜けるルートで建設を進めており、これまでより交通の便が良くなることが期待されている。2008年2月23日に、明石IC - 三隅IC(長門市三隅)間が暫定的に開通し、その後2011年9月23日に明石IC - 萩IC間が全通した。

関連項目編集