メインメニューを開く

三輪 文屋(みわ の ふみや)は、飛鳥時代の人物。は君。三輪逆の孫。三輪小鷦鷯の子で、子に利金がいたとする系図がある[1]

 
三輪文屋
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 皇極天皇2年(643年)?
主君 山背大兄王
氏族 三輪
父母 父:三輪小鷦鷯
利金
テンプレートを表示

聖徳太子の子である山背大兄王に仕え、上宮王家襲撃事件では山背大兄王と共に生駒山へ逃れた。この時、文屋は深草屯倉へ行き、さらに東国へ赴いて、上宮の乳部の民を率いて入鹿と戦うことを王に進言したが、王は人民を労役にかける苦しみと肉親を亡くした際の悲しみのことを思い、従わなかった。その後、蘇我入鹿が遣わした将軍たちの率いる兵に囲まれた際に、将軍たちへの使者に遣わされている[2]

王同様、この事件で自害、あるいは戦死したと言われる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「三輪高宮家系」(『大神神社史料』所収)
  2. ^ 『日本書紀』巻第二十四、皇極天皇2年11月1日条