メインメニューを開く

株式会社三龍社(さんりゅうしゃ、: SANRYUSHA CO., LTD.)は、愛知県岡崎市に本社を置く焼却装置メーカーである。

株式会社三龍社
SANRYUSHA CO., LTD.
Sanryusha headquarters 110302.jpg
三龍社本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
444-0859
愛知県岡崎市上六名町字宮前1番地
設立 1923年大正12年)5月21日
業種 機械
法人番号 3180301001065
事業内容 燃焼装置やショットブラストの製造・販売等。
代表者 代表取締役社長 田口竜也
資本金 3000万円
従業員数 150名[1]
外部リンク http://www.sanryusha.co.jp/
テンプレートを表示

明治から昭和初期にかけて県下最大規模の製糸会社であった。最盛期(1927年~1930年)は1,500の運転釜を有した[2]

概要編集

焼却装置のほか小型モーターショット・ブラストの製造販売を行っている。また、デベロッパー事業では岡崎市内にある商業施設コムタウン」の開発を手がけている。

沿革編集

  • 1897年明治30年)6月1日 - 「合資会社三龍社」として創立。創立者は中津川村(現・岐阜県中津川市)出身の田口百三。
  • 1923年大正12年)5月21日 - 株式会社に組織変更し「株式会社三龍社」となる。
  • 1994年平成6年)5月31日 - デベロッパー事業としてダイエー岡崎店(ハイパーマート岡崎店)を開店。
  • 2002年(平成14年)8月 - ダイエー岡崎店を閉店。
  • 2003年(平成15年)3月 - 旧ダイエー岡崎店をコムタウンとして再オープン。

主な事業編集

  • 燃焼装置事業
  • モータ事業
  • 電子機器事業
  • ショットブラスト事業
  • デベロッパー事業

事業所編集

  • 本社・本社工場(愛知県岡崎市)
  • 柱事業所(愛知県岡崎市)

脚注編集

  1. ^ 会社概要:株式会社 三龍社
  2. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、177頁。

外部リンク編集