メインメニューを開く

上井文彦

上井 文彦(うわい ふみひこ、1954年4月4日 - )は、山口県下関市出身。新日本プロレスリング執行役員、WRESTLE-1 GRAND PRIX 2005プロデューサー、総合格闘技「HERO'S」総合プロデューサーなどを歴任

上井文彦(2017年)

目次

略歴編集

大阪経済大学卒業。1977年、新日本プロレス入社。1985年、新日本を退社してUWFに移るも翌年に復帰。以後、営業、渉外、マッチメイカーなどを歴任。2004年10月、新日本プロレスを退社。退社後、有限会社ビッグマウス上井オフィスを設立し、ビッグマウス・ラウドと業務提携を結ぶ。2006年10月「UWAI STATION」旗揚げ。2007年10月の興業を最後に活動休止。以後、業界内外から借金をしては踏み倒すなどの悪行の限りを尽くす。

来歴編集

  • 1977年 - 大学卒業後、新日本プロレス入社。
  • 1985年 - UWFへ移籍。
  • 1986年 - 新日本プロレスに復帰。
  • 2002年4月 - マッチメイカーに就任。
  • 2003年6月 - 新日本プロレス取締役から執行役員に。
  • 2004年10月 - 新日本プロレスを退社。
  • 2005年
    • 1月22日 - ビッグマウス立ち上げを表明。
    • 3月-HERO'S総合プロデューサーに就任。
    • 4月-WRESTLE-1 GRAND PRIX 2005プロデューサーに就任。
    • 8月10日 - ビッグマウス・ラウド設立を表明。ビッグマウスとは業務提携を結ぶ形となる。
    • 9月11日 - 後楽園ホールでビッグマウス・ラウド旗揚げ戦開催。
  • 2006年
    • 9月13日 - 借金を全て村上に押し付けてビッグマウス・ラウドから逃亡。その汚いやり方は前田日明を激怒させた。
    • 10月8日 - 後楽園ホールで UWAI STATION旗揚げ戦の開催を発表。
    • 12月3日 - 後楽園ホールでUWAI STATION旗揚げ戦を開催。
  • 2007年
    • 4月4日 - 53歳の誕生日を機に上井二三彦と改名。翌年、再び本名に戻す。
    • 10月6日 -ディファ有明で年内最終興業を開催。この大会で駅長コスプレを封印。UWAI STATIONの終了を宣言した。
  • 2008年 - 西口プロレスのプロデューサーとして、同リングに高山善廣をブッキング。
  • 2012年6月13日 - 著書『「ゼロ年代」狂想のプロレス暗黒期』発売。
  • 2015年
  • 2016年
    • 9月24日-大阪・茨木でUWAI de Night vol.2を開催。ゲストに金本浩二、スペシャルゲストに垣原賢人氏を迎える。
    • 12月2日- 8年振りにプロレス大会 STRONG STYLE HISTORY vol.1を大阪・城東区で開催。
  • 2017年
    • 3月4日-大阪・茨木でUWAI de Night vol.3を開催。ゲストに武藤敬司、MCに田中秀和を迎える。
    • 4月7日-STRONG STYLE HISTORY vol.2を大阪・城東区で開催。
    • 7月22日-東京・渋谷でUWAI de Night SPECIALを開催。ゲストに馳浩、MCに田中秀和を迎える。
    • 9月22日-大阪・城東区でSTRONG STYLE HISTORY ~a night for starting over

エピソード編集

  • UWF旗揚げシリーズ最終戦(1984年4月17日)において、新日本所属のまま藤原喜明が前田とシングル対決する事が決定した。そして直前の下関大会の宣伝をしている際に、同じ山口県立体育館で新日本がニアミス興行するのを利用して、宣伝カーを新日本の選手の宿泊しているホテル前に停め、「藤原、もしお前が本当のテロリストだったら、今日のUWFの下関大会に殴り込んで来い!」とマイクで連呼。藤原のみならず、直前まで同僚であった新日本の営業社員の怒りを買って小競り合いとなり、ホテルの通報によって警察が仲裁に入る事態を招いた事がある。
  • 1987年10月4日に行われた巌流島の戦い(アントニオ猪木vsマサ斎藤)の企画書を清書した。
  • 星野勘太郎総裁率いる『プロレス結社 魔界倶楽部』の生みの親である。
  • ビッグバン・ベイダーのリングネームは上井と倍賞鉄夫との会話の中から生まれた。
  • 2003年12月31日『K-1 PREMIUM2003 Dynamite‼』ナゴヤドーム大会では、中邑真輔アレクセイ・イグナショフと対戦してKO負けを喫するも上井が「ブレークと試合ストップが早すぎる」という抗議を行った結果、無効試合となった。
  • 2004年10月9日 新日本プロレス両国国技館大会でWJ崩壊後の長州力をリングに上げた。長州はそのときリングに上がってきた永田裕志に「天下を獲り損ねた男がよく上がってきた。」の名台詞を吐いた。
  • UWAI STATIONの名付け親は柴田勝頼で当初は「STATION=基地」の意味合いで付けていたが意訳すると「上井駅」になることから自らを「駅長」と名乗っていた。
  • 現在 活躍しているオカダ・カズチカ飯伏幸太は新日本のリング登場以前、UWAI STATIONのリングに上がっている。

その他編集

  • 痛風持ちである。

作品編集

書籍編集

  • 「ゼロ年代」狂想のプロレス暗黒期 (G SPIRITS BOOK、辰巳出版)

入場曲編集

脚注編集

外部リンク編集