上妻 精(こうづま ただし、1930年10月31日 - 1997年6月26日)は、日本の哲学研究者、東北大学名誉教授。ヘーゲルを専門とした。

来歴編集

名古屋市生まれ。旧制水戸高等学校1年修了、1953年東京大学倫理学科卒、指導教官は金子武蔵。学科の同期に評論家の俵孝太郎思想の科学研究会会長代行の後藤宏行東京大学教授の谷嶋喬四郎山口大学教授の山田洸がいる。1960年、同大学院博士課程中退、東邦大学助教授。1965年成蹊大学助教授。1970年、教授。1985年、東北大学文学部教授。1993年、東北大学を定年退官、共立女子大学教授。同在職中に死去。

共著編集

 (古田光廣川洋一中野幸次竹田篤司上妻精飯島宗享城塚登岩永達郎新田義弘市倉宏祐 による共編著)

翻訳編集

参考編集

  • 上妻精先生年譜 (追悼 上妻精先生) 「創文」1997-8