廣川 洋一(ひろかわ よういち、1935年1月19日 - 2019年11月8日)は、日本哲学者筑波大学名誉教授。専攻は西洋哲学古代ギリシア哲学が専門。

廣川 洋一
生誕 (1935-01-19) 1935年1月19日
日本の旗 日本新潟県
死没 (2019-11-08) 2019年11月8日(84歳没)
日本の旗 日本京都府
前立腺癌
地域 日本
出身校 東京教育大学
研究機関 東海大学筑波大学龍谷大学
研究分野 古代ギリシア哲学
テンプレートを表示

略歴編集

新潟県出身。東京教育大学文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学

東海大学文学部助教授、教授、1988年筑波大学哲学・思想学系教授、1999年定年退官、名誉教授。龍谷大学文学部教授[1]。2005年退任。

2019年11月8日、前立腺がんのため死去。83歳没[2]

著作編集

共著編集

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ “廣川洋一さん死去”. 朝日新聞社. (2019年11月13日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14254249.html 2019年11月13日閲覧。 

参考文献編集