メインメニューを開く

上野山 義直(かみのやま よしなお)は、江戸時代初期の武将最上氏の家臣。最上義光の五男。初名は、光広(みつひろ/あきひろ)。

 
上野山 義直
時代 江戸時代前期
生誕 文禄3年(1594年)?
死没 元和8年(1622年
改名 最上光広→上野山義直
別名 上山義直
主君 最上義光家親義俊
出羽国山形藩一門
氏族 最上氏上山氏
父母 父:最上義光、母:清水義氏の娘?
兄弟 最上義康最上家親清水義親
山野辺義忠義直大山光隆

生涯編集

出羽国戦国大名・最上義光の五男として誕生。

天正16年(1588年)、伊達氏との大崎合戦において、叔母・義姫と戦場で面会し和議締結に尽力したとされるが、当時は生まれていないため別の兄弟とみられる。

上山城城主・里見民部正光ら里見一族が最上義康殺害の事件で追放されると、新たに上山2万1000石を与えられる。最上一門では兄・山野辺義忠を抜き、前城主の里見民部よりも高い石高である。

元和8年(1622年)、最上家が改易されると、黒田忠之に客人としてお預けの身となったが、直後に切腹した。