メインメニューを開く

上川淵村(かみかわぶちむら)は群馬県の中部、勢多郡に属していたである。現在の前橋市上川淵地区に相当する。

上川淵村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
上川淵村下川淵村芳賀村桂萱村
東村元総社村総社町前橋市
現在の自治体 前橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
面積 8.02km2.
総人口 4,679
(1952年9月30日)
隣接自治体 群馬県:前橋市
勢多郡下川淵村木瀬村
群馬郡東村
佐波郡上陽村
上川淵村役場
所在地 群馬県勢多郡上川淵村
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

歴史編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により周辺8村(六供村、市之坪村、上佐鳥村、朝倉村、後閑村、宮地村、下佐鳥村、橳島村)と紅雲分村、宗甫分村、前代田村、天川原村の各一部が合併し東群馬郡上川淵村が成立する。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 郡統合(東群馬郡と南勢多郡の統合)により勢多郡に所属する。
  • 1901年(明治34年)4月1日 - 村の一部(六供、天川原、市ノ坪、前代田、宗甫、紅雲)が前橋市へ編入する。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 周辺1町5村(下川淵村芳賀村桂萱村東村元総社村総社町)とともに前橋市へ編入する。前橋市上川淵地区となる。
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 前橋市が玉村町の一部(西善、山王、中内、東善)と城南村の一部(駒形)を編入する。西善、山王、中内、東善は上川淵地区の所属となる。(駒形は永明地区に所属する)

地域編集

交通編集

関連項目編集