上川(かみがわ[2])は、長野県茅野市および諏訪市を流れる天竜川水系の一級河川

上川
水系 一級水系 天竜川
種別 一級河川
延長 40.984[1]   km
流域面積 246.329[1] km²
水源 八ヶ岳
河口・合流先 諏訪湖長野県諏訪市
流域 長野県
テンプレートを表示
上川沿いにある諏訪瓦斯のガスタンク

地理編集

 
上川にかかる茅野市玉川粟沢橋

本流は八ヶ岳連峰の冷山より流出し、支流には霧ヶ峰から流出する音無川、蓼科火山より流出する滝之湯川、横岳から流出する柳川、天狗岳から流出する角名川などがあり、山浦地方北部の火山性高原地帯に渓谷を形成し、侵食しながら合流した後[1]宮川の一部を流入し、諏訪盆地の平坦地に沖積平野を発達させ、分流を作って諏訪湖の南岸に流入する。諏訪湖の受入地域面積の約46.7%を占める[1]

本支流の上流部は互いに連絡して水量を融通しあう「繰越堰(汐)」という形式によって高原一帯に多くの新田開発を可能とした[2]。 中流部の茅野市米沢付近からは勾配が緩く、堆積作用により低平な谷底部を形成し、同市街地(標高約800m)からは流路を北西に変えるが、河口(標高約760m)までの区間は約8kmに対して、約40mの比高しかないため[2]、下流部は堆積作用が盛んで小規模な自然堤防を形成し、低湿な三角州を形成している。

脚注編集

  1. ^ a b c d 「長野県の地名」 p.279
  2. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」p.343

参考文献編集

関連項目編集