メインメニューを開く


上海フォルクスワーゲン(上海大衆、上海VW、Shanghai Volkswagen)は1984年に設立されたフォルクスワーゲングループ (VW) と上海汽車集団(SAIC)の合弁会社である。中華人民共和国上海市北西部安亭鎮の上海国際汽車城に本社を構える。

上海大衆汽車有限公司
Shanghai Volkswagen Automotive Co., Ltd.
企業形態 合弁会社
業種 輸送用機器
設立 1984年
本社 中華人民共和国の旗 中国上海市安亭鎮
製品 自動車
親会社 上海汽車集団 (50%)
フォルクスワーゲンAG (40%)
大衆汽車(中国)投資有限公司 (10%)
ウェブサイト www.csvw.com
テンプレートを表示

合弁会社の出資比率は(2008年時点で)上海汽車集団が50%、フォルクスワーゲンAGが40%、大衆汽車(中国)投資有限公司10%である。45年間の期間限定の合弁事業であり、2030年まで存続する[1]。上海VWはフォルクスワーゲンおよびシュコダブランドの車種を製造している。

上海VWは2009年におよそ70万台の車を製造した。

目次

歴史編集

上海VWは1984年にVWとSAICの合弁会社として設立された。VWは25年間上海で乗用車を製造する旨の契約を交わし、また50%の外資規制を受けた[2]。 上海VWは1985年に自動車製造を開始した。1990年に輸入車が約34,000台に減少した時、上海VWのサンタナの製造は同年には19,000台近くに達しようとした。1993年、上海VWの出荷は10万台に到達した。VWはエンジンのサイズにおける数々の制限や市内タクシー会社へのインセンティブなど、いくつかの上海の自治体の支援を受けた。VWはまた海外の部品サプライヤーに中国で合弁事業を立ち上げることを促し、そのことは1993年に上海VWの国内調達率を85%に到達させるのに一役買った[2]

車種編集

1980 1990 2000 2010
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2
 
シュコダ
Cセグメント  
ファビア
2007年 -
セグメントぐs  
オクタビア
2006年 - 2009年
 
オクタビア
2009年 -
Eセグメント  
スペルブ
2004年 - 2009年
 
スペルブ
2009年 -

フォルクスワーゲン
Cセグメント  
ポロ
2000年 - 2005年
 
ポロはでな
2005年 - 2010年
 
ポロはでな
2010年 -
 
ゴル
2003年 - 2008年
マイクロSUV  
クロスポロ
2005年 - 2011年
 
クロスポロ
2011年 -
Cセグメント  
ラヴィーダ
2008年 - 2012年
ラヴィーダ
2012年 -
 
ポロセダン
2000年 - 2005年
 
ポロセダン
2005年 -
Eセグメント  
サンタナ
1984年 - 2010年
 
サンタナワゴン
1984年 - 1995年
 
サンタナ2000
1995年 - 2004年
 
サンタナ3000
2004年 - 2008年
 
サンタナビスタ
2008年 -
 
パサート / パサートV6
1996年 - 2005年
 
パサート
2005年 - 2009年
新パサート
2009年 -
パサート変異体
2009年 - 2011年
 
パサート / パサートV6
2011年 -
ミニバン  
トゥーラン
2004年 - 2008年
 
トゥーラン
2008年 - 2011年
 
トゥーラン
2011年 -
コンパクトSUV  
ティグアン
2010年 -

脚注編集

外部リンク編集