シュコダ・オクタヴィア

オクタヴィア (OCTAVIA) はシュコダが製造・販売する(Cセグメントファストバックセダンおよびステーションワゴンである。

1959年から1971年まで生産されたモデルにも「オクタヴィア」の名称が使われていたが、本稿では1996年11月に発売されたモデルを初代として扱う。

1959年から販売されていたモデルについては「en:Škoda Octavia (1959–71)」を参照。

初代(1996 - 2005年)編集

シュコダ・オクタヴィア
セダン
セダン(フェイスリスト後)
ワゴン(フェイスリスト後)
製造国   チェコ
  インド
  ウクライナ
  カザフスタン
販売期間 1996-2011年
ボディタイプ 5ドアファストバックセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン ガソリン:1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.9L I4
変速機 5/6速MT
4/5速AT
全長 セダン:4,505mm
ワゴン:4,510mm
全幅 1,730mm
全高 セダン:1,430mm
ワゴン:1,450 -1,460mm
ホイールベース 2,510mm
プラットフォーム フォルクスワーゲン・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1996年に発売を開始。

なお、コンビ(ワゴン)は2代目が登場した後も生産は続けられており、西欧市場ではオクタヴィア・ツアー (Octavia Tour) と車名を変更して販売されている。

2代目(2004 - 2013年)編集

シュコダ・オクタヴィア
セダン 前期型
ワゴン 前期型
製造国   チェコ
  ロシア
  ウクライナ
  カザフスタン
  中華人民共和国
  スロバキア
  インド
  アンゴラ
販売期間 2004-2013年
ボディタイプ 5ドアファストバックセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン ガソリン:1.2/1.3/1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.6/1.9/2.0L I4
変速機 5/6速MT
6速AT
6/7速セミAT
全長 4,570mm
全幅 1,770mm
全高 セダン:1,470mm
ワゴン:1,490mm
ホイールベース 2,580mm
別名 シュコダ・ローラ(インド)
シュコダ・ファンタジア(エジプト)
プラットフォーム フォルクスワーゲン・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2004年5月25日に開幕したバーミンガムモーターショーにて発表し[1]、その後発売を開始。インドではローラ (Laura) の車名でオクタヴィア(初代)とともに販売されている。ボディタイプは先代に引き続き5ドアハッチバックとコンビの二本立て。後者にはスウェーデン・ハルデックス社のAWDシステムを採用したオクタヴィア・コンビ4x4もラインアップされている。また、オクタヴィア・コンビ4x4のクロスカントリー仕様となるオクタヴィア・スカウト (Octavia Scout) が2006年9月パリモーターショーで発表されている。オクタヴィア・コンビ4x4は最低地上高が標準モデルより24mm拡大されているが、スカウトではさらに16mm拡大されている(したがって標準モデルより40mm高いことになる)。

2008年10月、パリモーターショーにて標準モデルのマイナーチェンジを発表。また、2009年4月に「vRS」と「スカウト」にもマイナーチェンジを施した[2]

3代目(2013年 - 2019年)編集

シュコダ・オクタヴィア
セダン
ワゴン
製造国   チェコ
  ロシア
  ウクライナ
  カザフスタン
  中華人民共和国
  インド
  アルジェリア
販売期間 2013-2019年
ボディタイプ 5ドアファストバックセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン ガソリン:1.2/1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.6/2.0L I4
変速機 5/6速MT
6/7速DSG
全長 4,660mm
全幅 1,815mm
全高 セダン:1,460mm
ワゴン:1,465mm
ホイールベース 2,680 - 2,685mm
別名 シュコダ・ローラ(インド)
シュコダ・ファンタジア(エジプト)
プラットフォーム フォルクスワーゲン・MQBプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2012年12月11日、「オクタヴィア」のフルモデルチェンジを発表[3]。2013年2月19日にはステーションワゴン版である「オクタヴィア コンビ」を発表[4]2013年に発売を開始。プラットフォームは7代目フォルクスワーゲン・ゴルフや3代目アウディ・A3などに用いられる「MQB」を採用。ボディサイズは2代目より全長を90mm、全幅を45mm拡大し、室内空間を拡大させた。

2014年2月20日、CNG(圧縮天然ガス)車である「オクタヴィアG-TEC」の概要を発表[5]。1.4L直列4気筒直噴ガソリンターボをベースに専用チューニングを施した。トランク床下に2個のGNGタンクを配置。CNGタンクが空になれば、ガソリン燃料での走行に自動で切り替える。CNGとガソリンを合わせて、最大で1330kmを走行可能である。

オクタヴィア コンビをベースにSUVのようなルックスを追及した「オクタヴィア スカウト」も設定[6]。最低地上高を33mm引き上げたほか、前後バンパー下部のブラック仕上げ、ブラック樹脂製のフェンダーエクステンションやサイドモールが追加された。

2015年3月、ジュネーヴモーターショーにて「オクタヴィア RS230」を初公開[7]。搭載される2.0L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力を標準モデルより10ps引き上げ、230psを獲得。トランスミッションは6速MTと6速DSGで、6速MTの場合、0-100km/h加速6.7秒、最高速度250km/hである。

2017年1月にはフェイスリストを発表。特徴的なデザインのヘッドライトを採用した[8]

4代目(2020年 -)編集

シュコダ・オクタヴィア
ワゴン
セダン
製造国   チェコ
販売期間 2020年-
ボディタイプ 5ドアファストバックセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン ガソリン:
1.0L I3
1.5/2.0L I4
ディーゼル:1.6/2.0L I4
CNG:1.5L I4
プラグインハイブリッド:1.4L I4
駆動方式 FF
4WD
変速機 6速MT
6/7速DSG
8速AT
全長 4,689mm
全幅 1,829mm
全高 セダン:1,470mm
ワゴン:1,468mm
ホイールベース 2,667-2,686 mm
プラットフォーム フォルクスワーゲン・MQB Evo
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2019年11月11日に発表、2020年6月に発売を開始。CNGプラグインハイブリッド仕様、マイルドハイブリッド仕様が設定された。基本骨格には8代目フォルクスワーゲン・ゴルフや4代目アウディ・A3、4代目セアト・レオンなどフォルクスワーゲングループで広く用いられる「MQB Evo」プラットフォームが採用されている[9]

インテリアには従来の物理スイッチの代わりに8.25から10インチのスクリーンを配置し、空調の調整、ナビゲーションシステムなどを行う[10]

安全装備も充実しており、前方衝突回避支援機能「Collision Avoidance Assist」、交差点での危険監視システム「Turn Assist」のほか、ドアを開ける時に後方から近づく自転車を検知して警告する「Exit Warning」を搭載した[11]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 【バーミンガムモーターショー04】シュコダ・オクタビアの新モデル”. Response. (2004年5月28日). 2021年3月7日閲覧。
  2. ^ シュコダ オクタヴィア …2つの個性がフェイスリフト”. Response. (2009年4月22日). 2021年3月7日閲覧。
  3. ^ シュコダ、オクタビア 新型発表…新型ゴルフ/A3と車台共用”. Response. (2012年12月12日). 2021年3月6日閲覧。
  4. ^ 【ジュネーブモーターショー13】シュコダ、オクタビア 新型にワゴン追加…車台は新型ゴルフ/A3と共用”. Response. (2013年2月20日). 2021年3月6日閲覧。
  5. ^ 【ジュネーブモーターショー14】シュコダ オクタビア 新型にCNG車…最大1330km走行可能”. Response. (2014年2月25日). 2021年3月6日閲覧。
  6. ^ 【ジュネーブモーターショー14】シュコダ オクタビア 新型 に「スカウト」…オフロード仕様を追加”. Response. (2014年2月26日). 2021年3月6日閲覧。
  7. ^ 【ジュネーブモーターショー15】シュコダ オクタビアに「RS230」…230psターボで歴代最速”. Response, (2015年3月13日). 2021年3月6日閲覧。
  8. ^ Новая Skoda Octavia оказалась немногим дороже актуальной” (ロシア語). RG.RU (2017年1月11日). 2021年3月6日閲覧。
  9. ^ 新型アウディA3スポーツバックに先行試乗。ゴルフより硬目だがアウディらしい走りやマイルドHVのパワー感がある”. carview! (2020年4月2日). 2020年11月2日閲覧。
  10. ^ Weitere Motoren für den Skoda Octavia” (ドイツ語). AutoZEITUNG (2020年12月3日). 2021年3月7日閲覧。
  11. ^ シュコダの新型「Octavia」、ドアを開くとき自転車を検知して警告”. 日経XTECH (2020年6月15日). 2021年3月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • ŠKODA OCTAVIA(英語) - ŠKODA AUTO a.s. - The International Website