上総層群

関東平野の基盤をつくる海成堆積層

上総層群(かずさそうぐん)は、関東平野の基盤をつくる海成堆積層である。

概要編集

第三紀鮮新世 - 第四紀更新世古期(280万~50万年前/テフラ層序年代・フィッショントラック年代)[1]までの一連の海成層で、砂岩泥岩および凝灰質砂礫などからなり、三浦層群を不整合に覆い房総半島南部や多摩丘陵では広く地表に露出しているが、下総台地武蔵野台地では下総層群に覆われ関東地方の基盤をなしている。模式地は房総半島中央部の養老川から勝浦市にかけての川沿い。下位から、黒滝層、勝浦層、浪花層、大原層、黄和田層、大田代層、梅ヶ瀬層、国本層、柿ノ木層、長南層、笠森層が整合的に重なる。房総半島では、そこでの上総層群の下限である黒滝層と三浦層群の上限である安野層との間に黒滝不整合が存在する[2]

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 神奈川の大地[岩石・鉱物・地層・歴史 c21[ 上総層群]]”. 神奈川県立生命の星・地球博物館. 2020年6月14日閲覧。
  2. ^ 伊藤慎, 齋藤高浩, 加瀬善洋, 亀尾浩司, 柴田健一郎「房総半島更新統上総層群基底の黒滝不整合の実態解明」『日本地質学会学術大会講演要旨』第120年学術大会(2013仙台)セッションID: R11-P-8、日本地質学会、2013年、 521頁、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_521ISSN 1348-3935NAID 130005468101