下着モデル(したぎモデル)とは、下着広告業務を行うモデルのことであり、女性の場合は「ランジェリーモデル」とも呼ばれることがある。

女性用下着の広告では女性性が強調され、男性用の広告では男性性が強調される傾向があるが、トランスジェンダーを含め性別に関してインクルーシブな広告表現とモデル起用をする動きもある[1]

モード写真の下着モデル
ファッション写真の下着モデル

白人モデルを使った広告編集

日本の場合、女性向け下着の通販カタログ広告等での着用写真には日本人女性ではなく白人系のモデルが起用されることが多い。

日本の女性用下着広告では白人系ハーフのモデルが多用される。日常生活で見慣れている日本人モデルが肌を露出する広告には性的な印象が生じるが、白人系のハーフのモデルであればそれを避けることができるという[2]。 ワコールのブランド「Salute」ではブランドイメージと「バランスの整ったプロポーション」を重視して外国人モデルを起用しているという[3]。 ちなみに白人モデルの下着撮影にはいわゆる在日外国人モデルを日本国内にて撮影する場合と、日本国外のモデルエージェンシーを通じて海外で撮影を行う場合の2種類のパターンがある。

日本人モデルの起用編集

日本国内の大手下着メーカーでは1993年度からトリンプ・インターナショナル・ジャパンが外国人ではなく日本人のみ[4]を選出条件としてトリンプ・イメージガール(1993年度から2004年度までの名称はトリンプ・キャンペーンガール。)を毎年1名ずつ(2012年度から2017年度までは2名)を選出しており、なお過去に選ばれた主なトリンプ・イメージガールには大石絵理吉岡美穂らを輩出している。なお、かつてはピーチ・ジョンが一時期AKB48紗栄子平子理沙などの日本人タレントを下着モデルに起用していたが[5]、現在では外国人モデルに回帰している[6]

脚注編集

関連項目編集