メインメニューを開く

不動院(ふどういん)は、徳島県板野郡松茂町広島宮ノ後に位置する高野山真言宗寺院である。山号は海辺山。本尊は不動明王新四国曼荼羅霊場第3番札所

不動院
Hudouin0.jpg
所在地 徳島県板野郡松茂町広島宮ノ後3
位置 北緯34度8分2.3秒
東経134度34分21.1秒
座標: 北緯34度8分2.3秒 東経134度34分21.1秒
山号 海辺山
磨日山
院号 慈眼寺 不動院
宗旨 古義真言宗
宗派 高野山真言宗
本尊 不動明王
創建年 寛文年間(1661年-1673年
開基 宥真
正式名 海辺山不動院
海邊山不動院
磨日山慈眼寺不動院
札所等 新四国曼荼羅霊場第3番
文化財 絵天井(松茂町指定有形文化財)
法人番号 1480005003338
不動院 (徳島県松茂町)の位置(徳島県内)
不動院 (徳島県松茂町)
テンプレートを表示

歴史編集

寛文年間(1661年-1673年)に宥真が巡錫の際、三好長治の念持仏であった不動明王を本尊に安置。後に一寺を建立した。

1901年明治34年)に成田山のご分身を勧請し「身代わり不動」の信仰を集めた。

文化財編集

  • 下西国三十三ヶ所一番霊場の絵天井(松茂町指定有形文化財) - 1986年昭和61年)3月25日指定
不動院第11世住職の金亀義雄が西国三十三所の霊場を巡り、各霊場の砂を持ち帰ってミニ霊場の下西国三十三ヶ所を建立した。

交通編集

参考文献編集

外部リンク編集