丑久保 健一(うしくぼ けんいち、1947年2月25日 - 2002年9月23日)は、日本彫刻家東京都江東区生まれ。1971年東京造形美術学校卒業後、栃木県宇都宮市大谷を拠点に制作活動を開始。現代彫刻、野外インスタレーションなどの作品を数多く制作。[1]

丑久保 健一
(うしくぼ けんいち)
Kenichi Ushikubo.jpg
1997年 宇都宮美術館にて撮影
生誕 1947年2月25日
東京都江東区
死没 (2002-09-23) 2002年9月23日(55歳没)
国籍 日本の旗 日本
代表作 「点の棲息」(1974年
「円錐から逆円錐」(1985年
1・0・∞のボール」(1987年
受賞 第1回 北関東美術展 大賞(1974年
第2回 彫刻の森美術館大賞展 優秀賞(1975年
栃木県文化奨励賞(1981年
公式サイト http://www.ushikubokenichi.com/

略歴編集

主な作品編集

 
点の棲息

脚注編集

  1. ^ 丑久保健一 経歴、丑久保健一Webサイト
  2. ^ 主なコレクション 作者 丑久保健一、栃木県立美術館
  3. ^ 展覧会・イベント 丑久保健一展、インターネットミュージアム

参考文献編集