メインメニューを開く
「世界平和パゴダ」
日本唯一の正統なミャンマー式パゴダ
北九州市門司区
地図

世界平和パゴダ(せかいへいわパゴダ)は、福岡県北九州市門司区瀬戸内海国立公園敷地内の和布刈公園に近接した山頂にあり、日本とミャンマー(旧ビルマ)の親善と仏教交流及び世界平和、第二次世界大戦時に門司港より出兵した戦没者の慰霊を目的に設置された寺院で、日本で唯一ミャンマー政府・仏教会が公認しているミャンマー式寺院(パゴダ)である[1][2]

目次

概要編集

北九州市門司区門司港は、第二次世界大戦中、200万人を超す将兵をビルマ(当時)を含む南方の戦線、あるいは大陸の戦地へと送り出した地である[3][4]

1958年昭和33年)、第二次世界大戦時の戦没者の慰霊を行うに相応しい場所として、ビルマ仏教会の拠出金と日本国内の寄付金でパゴダを当地に建立した。
パゴダには、現在もミャンマー仏教会から派遣された僧侶が常住し、戦没者の慰霊に加え、日本とビルマ(現ミャンマー)との親善、仏教交流、世界平和を祈っている。

ミャンマー(旧ビルマ)の首都ヤンゴン(旧ラングーン)にある、同名の「世界平和パゴダ」とよく似ており、参考に建設したものと考えられる。

日本テーラワーダ仏教協会の初代会長 鈴木一生高野山大学文学部教授 井上ウィマラらは、この世界平和パゴダで修行をしている。[5]

文化庁が認定する日本遺産関門“ノスタルジック”海峡」の構成文化財に選定されている。[6]

基礎データ編集

  • 開館時間 6:00~18:00(閉門)

交通編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 門司港を見守るように立つビルマ様式の寺院「世界平和パゴダ」”. 西日本リビング新聞社. 2017年9月26日閲覧。
  2. ^ NHKふるさと探訪”. NHK. 2017年9月28日閲覧。
  3. ^ ふくおか探索 北九州・門司 ミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」 出征の港から「ビルマ」慰霊”. 毎日新聞. 2017年9月28日閲覧。
  4. ^ 門司港にあった「日本の玄関口」が、現代によみがえる!”. トラベルjp<たびねす>. 2017年9月26日閲覧。
  5. ^ 高野山大学 井上ウィマラ教授”. 高野山大学. 2017年9月26日閲覧。
  6. ^ 日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡」について”. 北九州市. 2017年9月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集