メインメニューを開く
世羅高原農場のチューリップ

世羅高原農場(せらこうげんのうじょう) は、広島県世羅郡世羅町にある観光農園である。

目次

概要編集

300種70万本に及ぶチューリップが毎年デザインを変えて植栽されている。

6haのにチューリップが植えられている。チューリップの摘み取りや農園有機野菜の直売がある。

夏はひまわり秋はダリアを見ることができる。

手づくり風車がある。

沿革編集

  • 1978年 葉タバコ生産組合「農事組合法人 旭鷹(きょくほう)農園」としてスタート
  • 1990年 葉タバコを縮小し、切花生産を始める
  • 1994年 ひまわりを初めて植える。農場のシンボルとなる手づくりの風車を建てる
  • 1995年 チューリップの観光農園としてスタート。大根まつり開催
  • 1999年 いちご狩りを始める
  • 2002年 初めての花園結婚式を行う
  • 2005年 初恋の丘誕生。秋のダリア祭始まる。年間入場者数10万人を超える
  • 2007年 みはらしの丘誕生。30周年を機に「農事組合法人 世羅高原農場」と名称変更
  • 2009年 20万本のチューリップで“花絵”を描く。秋、ダリア3000輪を敷きつめた花絵を作成。年間入場者14万人を超える

施設編集

規模編集

  • 園内総面積:約15万㎡
    • 花植栽面積:約8万㎡(チューリップ6万㎡、ひまわり6万㎡、ダリア1.5万㎡等)

周辺編集

付近一帯は、世羅高原で農園が多く集まっている。

交通編集

主な品種編集

  • チューリップ
  • ひまわり
  • ダリア
  • いちご
  • 大根

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集