メインメニューを開く

両津テレビ・FM中継局(りょうつテレビ・エフエムちゅうけいきょく)は、新潟県佐渡市に設置されているテレビ放送とFMラジオ放送の中継局

目次

中継局概要編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル番号 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日 備考
リパック前 リパック後
1 NHK
新潟総合
25 46 1W 5W 水平偏波 新潟県 5019世帯 2007年
12月1日
黒数字chは、2011年10月20日から
26日までに変更されたチャンネル。
2 NHK
新潟教育
14 41 全国
4 TeNY
テレビ新潟放送網
37 51 新潟県
5 UX
新潟テレビ21
38 49
6 BSN
新潟放送
31 36
8 NST
新潟総合テレビ
33 40

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
40 UX
新潟テレビ21
映像10W/
音声2.5W
映像69W/
音声17W
水平偏波 新潟県 5387世帯[1] 1989年
11月1日[1]
42 TeNY
テレビ新潟放送網
5463世帯[1]
44 NST
新潟総合テレビ
5476世帯[1] 1977年
7月20日[1]
46 NHK
新潟教育
映像66W/
音声16.5W
全国 4999世帯[1] 1969年
9月5日[2][3]
48 NHK
新潟総合
新潟県
50 BSN
新潟放送
5351世帯[1]

FMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
86.9MHz NHK
新潟FM
1W 1.6W 水平偏波 新潟県 5204世帯[4] 1974年
8月1日[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、319頁。 
  2. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'70』 日本放送出版協会、1970年、306頁。 
  3. ^ 新潟放送四〇年史編纂委員会 編集 『新潟放送四十年のあゆみ』 新潟放送、1992年、315頁。 
  4. ^ NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、1039頁。 
  5. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'75』 日本放送出版協会、1975年、321頁。 

関連項目編集