メインメニューを開く

中区域(チュンくいき)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市にある行政区域の一つ。金日成広場平壌駅が所在する平壌の都心部であり、党・政府機関や各種の文教施設、外国人宿泊施設が集まっている。また、この一帯は平壌の旧市街にあたり、万寿台大同門など歴史的景勝地や史跡も残る。

中区域
位置
Changwang Street in Pyongyang.jpg
各種表記
チョソングル: 중구역
漢字: 中區域
片仮名転写: チュン=グヨク
ローマ字転写 (MR): Chung-guyŏk
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

目次

地理編集

大同江が東から西へ向きを変える地点の右岸にある。北から南に牡丹峰区域普通江区域平川区域と境を接する。大同江の対岸は大同江区域東大院区域船橋区域である。

区域の北部には金日成広場、南部には平壌駅がある。

行政区域編集

21洞を管轄する。

  • 敬臨洞(キョンニムドン)
  • 慶上洞(キョンサンドン)
  • 橋口洞(キョグドン)
  • 大同門洞(テドンムンドン)
  • 東城洞(トンソンドン)
  • 東岸洞(トンアンドン)
  • 東興洞(トンフンドン)
  • 蓮花一洞(リョナイルトン)
  • 蓮花二洞(リョナイドン)
  • 柳城洞(リュソンドン)
  • 万寿洞(マンスドン)
  • 普通門洞(ポトンムンドン)
  • 西門洞(ソムンドン)
  • 西蒼洞(ソチャンドン)
  • 駅前洞(ヨクチョンドン)
  • 烏灘洞(オタンドン)
  • 外城洞(ウェソンドン)
  • 鐘路洞(チョンノドン)
  • 中城洞(チュンソンドン)
  • 蒼光洞(チャングァンドン)
  • 解放山洞(ヘバンサンドン)

歴史編集

この節の出典[1]

  • 1946年9月 - 平安南道平壌市が平壌直轄市に昇格するとともに、中区を設置。中区に以下の里がある。(28里)
    • 駅前里・橋口里・柳城里・烏灘里・外城里・蓮花里・東興里・西城一里・西城二里・西城三里・西城四里・西城五里・新陽里・新岩里・中城里・敬臨里・南門里・西門里・鐘路里・倉田里・沙倉里・薛需里・営門里・慶上里・綾羅里羊角里・井平里・平川里
  • 1948年7月 (22里)
    • 橋口里・柳城里・烏灘里・蓮花里・駅前里・東興里・羊角里・平川里・井平里・外城里が中区から分離され、南区となる。
    • 西区大駝嶺一里・大駝嶺二里・大駝嶺三里を編入。
    • 慶上里の一部が分立し、文殊里が発足。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、中区が中区域に改称。(22里)
  • 1955年2月 - 都市部のに改編。(27洞)
    • 新岩里・西城二里の各一部が合併し、蒼光洞が発足。
    • 西城一里・西城四里の各一部が合併し、普通門洞が発足。
    • 西城一里の残部・西城四里の残部・西城五里の一部が合併し、西城洞が発足。
    • 新岩里の一部・西城二里の残部が合併し、西蒼洞が発足。
    • 西城五里が東城洞に改称。
    • 大駝嶺一里が分割され、弥勒洞・窟院洞・赤窟洞・西将洞が発足。
    • 大駝嶺二里が分割され、大駝嶺洞・普通江洞・石岩洞が発足。
    • 大駝嶺三里が分割され、書斎洞・鳳岫洞・宮ゴル洞が発足。
    • 薛需里が鐘路洞・営門洞・倉田洞に分割編入。
    • 綾羅里・文殊里が慶上洞に編入。
    • 西城三里が南区域井平里の一部と合併し、南区域北城洞となる。
    • 南区域堂上一里の一部が分立し、新西洞が発足。
  • 1957年 - 蒼光洞の一部が分立し、解放山洞が発足。(28洞)
  • 1959年9月 (25洞)
    • 鳳岫洞・宮ゴル洞が新設の万景台区域に編入。
    • 沙倉洞が慶上洞に編入。
  • 1960年10月 (12洞)
    • 弥勒洞の一部が西城区域下堂洞の一部と合併し、西城区域南橋洞となる。
    • 大駝嶺洞・普通江洞・西将洞・石岩洞・書斎洞・赤窟洞・弥勒洞・窟院洞が新設の普通江区域に編入。
    • 西蒼洞・東城洞・蒼光洞・新西洞・西城洞が外城区域に編入。
    • 営門洞が万寿洞に改称。
  • 1965年 - 慶上洞・敬臨洞の各一部が合併し、大同門洞が発足。(13洞)
  • 1972年 - 倉田洞が万寿洞に編入。(12洞)
  • 1979年12月 (24洞)
    • 外城区域柳城洞・東興洞・西蒼洞・蒼光洞・東城洞・橋口洞・西城洞・外城洞・蓮花一洞・蓮花二洞・駅前洞・東岸洞・烏灘洞を編入。
    • 南門洞が中城洞に編入。
  • 1981年 - 新陽洞・新岩洞・西城洞の地域が蒼光洞・普通門洞・西門洞に分割編入。(21洞)
  • 1995年 - 橋口洞の一部が東岸洞に編入。(21洞)

外城区域編集

  • 1948年7月 - 平壌直轄市中区橋口里・柳城里・烏灘里・蓮花里・駅前里・東興里・羊角里・平川里・井平里・外城里、西区堂上一里・堂上二里、平安南道大同郡古平面の一部区域をもって、南区を設置。 (15里)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、南区が南区域に改称。(13里)
    • 上端里・下端里が中端里に編入。
  • 1955年2月 - 都市部のに改編。(15洞1里)
    • 羊角里が柳城洞に編入。
    • 井平里・平川里の各一部が合併し、鳳池洞が発足。
    • 堂上二里の一部が分割され、船内洞・堂上洞が発足。
    • 堂上一里の一部・堂上二里の残部が合併し、運河洞が発足。
    • 井平里の一部が中区域西城三里と合併し、北城洞が発足。
    • 堂上一里の残部が分割され、土城洞・新西洞が発足。
    • 新西洞が中区域に編入。
  • 1957年 - 鳳池洞の一部が分立し、干城洞が発足。(16洞1里)
  • 1959年9月 - 南区域が外城区域に改称。(14洞1里)
  • 1960年10月 (12洞)
    • 土城洞・北城洞・干城洞・鳳池洞・平川洞・井平洞が新設の平川区域に編入。
    • 運河洞が新設の普通江区域に編入。
    • 中端里が楽浪区域に編入。
    • 中区域西蒼洞・東城洞・蒼光洞・新西洞・西城洞を編入。
  • 1967年 (14洞)
    • 蓮花洞が分割され、蓮花一洞・蓮花二洞が発足。
    • 橋口洞・駅前洞の各一部が合併し、東岸洞が発足。
  • 1972年 - 新西洞が西城洞・東城洞に分割編入。(13洞)
  • 1979年12月 - 外城区域廃止。
    • 柳城洞・東興洞・西蒼洞・蒼光洞・東城洞・橋口洞・西城洞・外城洞・蓮花一洞・蓮花二洞・駅前洞・東岸洞・烏灘洞が中区域に編入。

施設編集

交通編集

脚注編集

外部リンク編集

座標: 北緯39度00分 東経125度44分 / 北緯39度 東経125.74度 / 39; 125.74