メインメニューを開く

中原 勇(なかはら いさむ、1950年9月12日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手投手)。

中原 勇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1950-09-12) 1950年9月12日(68歳)
身長
体重
178 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト2位
初出場 1970年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

鹿児島高では、2年生の時に一塁手として第49回全国高等学校野球選手権大会に出場した(初戦で仙台商業高校に完封負けを喫したが、ヒット1本を記録している)。

高校卒業後は、社会人野球日本鉱業佐賀関に入団し、投手に転向した。1969年プロ野球ドラフト会議東映フライヤーズから2位指名を受け、プロ入りを果たす。

左オーバースローからストレート、シュート、決め球は落ちるカーブを武器とし、178センチ、70キロと細身の体格から投げ下ろすボールは威力があり、左の中継ぎとして活躍した。

プロ1年目の1970年には、イースタン・リーグで最優秀防御率のタイトルを獲得し、一軍でも初登板を含む21試合に登板している。チームの愛称が変更された1974年には、高橋直樹が「1人で1試合の勝利投手とセーブ投手を独占」という珍記録を残した試合に登板した事もあった。しかし、1975年1976年は故障により登板できず、1977年も4試合の登板に終わり、オフに金銭トレードで阪神タイガースへ移籍。だが、タイガースでは公式戦登板の機会がなく、1978年限りで現役を引退した。

引退した1年後に地元鹿児島に帰郷し、当初はスナックを経営。その後、自宅でもつ鍋焼き鳥店を営んでおり、その傍らで千葉ロッテマリーンズの春季キャンプの手伝いも行っていた[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1970 東映
日拓
日本ハム
21 7 1 0 0 3 2 -- -- .600 281 67.0 63 6 22 1 1 24 0 0 29 26 3.49 1.27
1971 43 3 0 0 0 2 3 -- -- .400 288 63.2 74 13 25 2 3 24 2 0 44 38 5.34 1.55
1972 7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 6.0 7 0 1 0 1 2 0 0 3 3 4.50 1.33
1973 9 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 26 6.2 5 2 1 0 0 3 0 0 3 3 3.86 0.90
1974 20 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 49 11.1 14 1 3 0 0 8 0 0 6 6 4.91 1.50
1977 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 3.1 6 1 1 0 2 1 0 0 3 3 9.00 2.10
通算:6年 104 10 1 0 0 5 6 0 -- .455 691 158.0 169 23 53 3 7 62 2 0 88 79 4.50 1.41
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 16 (1970年 - 1972年)
  • 47 (1973年 - 1976年)
  • 12 (1977年)
  • 48 (1978年)

脚注編集

  1. ^ 地域スポーツに夢をのせて: 鹿児島スポーツ事情 著者:政純一郎

関連項目編集