中原尚雄

中原 尚雄(なかはら なおお、弘化2年(1845年) - 大正3年(1914年1月15日)は、日本武士薩摩藩伊集院郷士)、警察官西南戦争の直接的なきっかけを作った人物として有名である。

目次

略歴編集

 
中原尚雄の辞令書(山梨県警部長

明治維新後の明治4年(1871年)10月、東京府取締りのための邏卒に徴募する。警視庁に奉職、邏卒のち少警部となる。

明治10年(1877年1月11日、同郷の大警視・川路利良の許可を受けて鹿児島県出身の警視庁同僚ら24名と共に久しぶりの帰郷を果たす。しかし「帰郷」は表向きの名目であり、事実は以前から明治政府が警戒していた私学校徒及び西郷隆盛ら私学校幹部の偵察、ならびに旧郷士族の私学校からの離間工作活動のために潜入したとされる。 帰郷した尚雄は旧知の谷口登太に「自分は刺し違えてでも西郷(隆盛)を止める」といったと言われる[1]。これが「明治政府による西郷暗殺の陰謀」の証拠とされ、同年2月3日、他の帰郷中の同僚らと共に私学校生徒に捕らえられ、厳しい尋問の末に明治政府が西郷を暗殺しようとした陰謀があったことを自白した。

激しい拷問を受けた尚雄だったが、3月10日、海路にて鹿児島に入った勅使・柳原前光の一行に救出され、官船神奈川丸に乗り込み東京に移送される。後に高知県警部長山梨県警部長福岡県警部長を務める。47歳の時に福岡県警部長を辞職して郷里に帰る。大正3年(1914年)1月15日午前4時逝去。享年70(墓碑)。

中原尚雄が鹿児島に帰ったのは、西郷隆盛を視察するためだったのか、刺殺するためだったのかは当時から論が分かれていた。中原尚雄が郷里伊集院で余生を送って臨終の間際、地元青年団が駆けつけて中原尚雄に視察か刺殺かを問うたところ視察と明言したという。また中原尚雄の姪中原イネ(のちに山下イネ)は中原尚雄が福岡県警部長の時、中原尚雄の自宅で花嫁修業を兼ねて家事手伝いをしていたが、一日の始まりは中原尚雄に足袋をはかせることだったという。中原尚雄は両手指に爪がなく自分で足袋をはくことができなかった。これは私学校生徒による拷問で生爪を剥がされた結果という。

関連作品編集

参考文献編集

友野春久「谷口登太伝」(『敬天愛人』第25号 西郷南州顕彰会)

補注編集

  1. ^ 正確には「西郷を”しさつ”するために戻ってきた」と話したとされる。山縣有朋によれば中原は「視察」といったつもりだったが谷口には「刺殺」と捉えられたのではないか、とする。