根津甚八 (俳優)

日本の俳優 (1947-2016)

根津 甚八(ねづ じんぱち、1947年12月1日 - 2016年12月29日)は、日本俳優演出家脚本家。本名、根津 透(ねづ とおる)。芸名は、劇団「状況劇場」入団時に主宰の唐十郎が苗字の「根津」に合わせて、真田十勇士の根津甚八から取って命名した[2]ユマニテに所属していた。山梨県都留市出身。日本大学第三高等学校卒業、獨協大学外国語学部フランス語学科中退。

ねづ じんぱち
根津 甚八
本名 根津 透[1]
生年月日 (1947-12-01) 1947年12月1日
没年月日 (2016-12-29) 2016年12月29日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本 山梨県都留市
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 172cm
血液型 B型
職業 俳優演出家脚本家
ジャンル テレビドラマ映画演劇
活動期間 1969年 - 2010年2015年
活動内容 俳優、演出、脚本
配偶者 あり
事務所 ユマニテ
主な作品
テレビドラマ
あまく危険な香り
誇りの報酬
田原坂
ほんまもん
映画
影武者
さらば愛しき大地

タスマニア物語
ルビーフルーツ
GONIN
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀主演男優賞
1982年さらば愛しき大地』『この子の七つのお祝いに
優秀助演男優賞
1987年この愛の物語』『吉原炎上』『竜馬を斬った男
その他の賞
キネマ旬報賞
主演男優賞
1982年さらば愛しき大地
テンプレートを表示

人物・来歴編集

歯科医師の家の男ばかりの4人兄弟の三男として生まれる[3]。小学4年時に一家で山梨から神奈川県川崎市に転居した[3]

高校時代から演劇に興味を持ち[3]、進学した獨協大学を二年で中退[3]1969年唐十郎が主宰する状況劇場に入団[3]1974年、『唐版 風の又三郎』で主役を務め、以降、同劇団の看板俳優となる[3]

劇団以外の仕事は1975年の『娘たちの四季』が初めてだったが、唐に相談したところ「俺たちはずっと外へ出てゆかずにやるけど、お前は外でやってもいいよ」と言われ[3]、途方もない疎外感に襲われ、精神的に唐と大きな溝が出来た[3]

1978年、『黄金の日日』に石川五右衛門役で出演して注目される[3]。劇団に根津ファンの若い女性が押し寄せるようになり、劇団に居づらくなったことから[3]1979年に退団[3][4]

その後、黒澤明監督作品に主要な役で出演。

2002年頃からは右目下直筋肥大という顔面の病気を患い活動を縮小していた。

2004年7月に交通事故を起こし、被害者を死亡させた[5]。警察の調べに対し、「安全確認が足りなかった」と供述した。その後しばらくの間活動を休止していたが、2006年5月よりブログを開始した。

2007年にユマニテに所属。

2009年、雑誌『週刊現代』8月22・29日合併号に掲載された夫人の手記において、根津がうつ病を患っていることが明らかにされた。持病の椎間板ヘルニアも悪化しており、療養生活を送っていた。2010年9月、俳優業を引退することを公表。演出家や脚本家としての活動は行うが、テレビ出演など表舞台には立たないとした[6]。また同時に、夫人の取材と回想により、闘病生活と俳優時代を回顧した『根津甚八』(根津仁香著、講談社)が刊行された。

2015年、石井隆監督の要望に応え、映画『GONIN サーガ』に出演し、一度限りの銀幕復帰を果たした[7]

オートバイ好きでも知られており、ヤマハRZ250ホンダCM400、ヤマハDT50など所有していた時期もある。

2016年12月29日、肺炎のため東京都内の病院で死去[8][1]。69歳没。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

Vシネマ編集

  • 闇稼業詐欺道(2000年) - 主演・工藤
  • 極悪 人間魚雷ブルース(2000年) - 鮫島一家若頭 一色

舞台編集

状況劇場編集

  • ジョン・シルバー 愛の乞食篇(1970年)
  • 吸血姫(1971年)
  • 少女仮面(1971年)
  • 二都物語(1972年)
  • 鐡假面(1972年)
  • ベンガルの虎 白骨街道魔伝(1973年)
  • 海の牙 黒髪海峡篇(1973年)
  • 唐十郎版 風の又三郎(1974年)
  • 夜叉綺想(1974年)
  • 腰巻おぼろ 妖鯨篇(1975年)
  • 糸姫(1975年)
  • 下町ホフマン(1976年)
  • おちょこの傘持つメリー・ポピンズ(1976年)
  • 蛇姫様(1977年)
  • 唐十郎版 俳優修行(1977年)
  • ユニコン物語 台東区篇(1978年)
  • 河童(1978年)

その他編集

OVA編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

CM編集

その他編集

  • THE RULE 1億3千万人のクルーたち(1998年、国税庁企画の租税教育用ビデオ) - キャプテン 役

バラエティ編集

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. ほたる草(1976年、テイチク、RS-5)
    (c/w 地図のない旅)
  2. ゆきずり(1976年、テイチク、RS-31)
    • 作詞:池田充男 / 作曲:森山慎也 / 編曲:伊藤雪彦
    (c/w ろくでなしの唄)
  3. こころ泣き(1977年、テイチク、RS-53)
    • 作詞:池田充男 / 作曲:上原賢六 / 編曲:伊藤雪彦
    (c/w あじさいの宿で)
  4. ピエロ(1979年9月、キャニオン、C-153)
    (c/w まだ浅い別れ)
  5. FAR AWAY(1980年6月、キャニオン、C-182)
    (c/w セントルイスブルース演ってくれ)
  6. ボヘミア・ロマン(1980年10月、キャニオン、7A-0021)
    (c/w ランブリング・マン)
  7. 上海帰りのリル(1982年5月、キャニオン、7A-0182)
    (c/w しゃんそん)
  8. エトランゼ(1983年5月、キャニオン、7A-0276)
    (c/w 夜も更けて)
  9. 恋のかけら(1986年、キング、K07S-10119)
    (c/w 仕事なので)

オリジナル・アルバム編集

  1. ゆきずり 根津甚八・男の哀歌(1976年、テイチク、GM-43)
    • 後に5曲を追加して『やすらぎ 根津甚八・男の哀歌』と改題の上でCD化された。
  2. ル・ピエロ(1979年9月、キャニオン、C25A-0064)
  3. 火男(1982年、キャニオン、C28A-0215)※チト河内プロデュース
  4. +B 1984 BERLIN(1984年、キャニオン、C28A-0327)※佐久間正英プロデュース
  5. PLAY IT AGAIN(1986年11月21日、キング、LP:K28A-763 / CD:K32X-105)

ライブ・アルバム編集

  1. 根津甚八ファーストコンサート(1980年、キャニオン、C25A-0081)

ベスト・アルバム編集

  • DUST SHOOT(1983年、キャニオン、C28A-0289)

書籍編集

著書編集

写真集編集

  • 根津甚八写真集(1979年11月、双葉社) - 撮影:津坂太郎
  • La ―根津甚八写真集(1983年9月、双葉社) - 撮影:津坂太郎
  • 根津さぁ〜ん。 ―根津甚八写真集(1985年4月、双葉社 ISBN 978-4575760033) - 撮影:津坂太郎

関連書籍編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b “根津甚八さん死去 2000年以降は病との闘い…10年引退”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年12月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/30/kiji/20161229s00041000435000c.html 2017年1月16日閲覧。 
  2. ^ 根津甚八ダイアリー(2007年5月28日のエントリ)
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「スペシャルインタビュー 第44回 根津甚八 『ずるいんだ俺は。女が自然にこっちに惚れたというふうにしかもっていけないんだ』」『週刊明星』、集英社、1982年5月13日号、 38 - 43頁。
  4. ^ ユマニテによる公式プロフィールの一部の記述による。公式プロフィールの全体は、ユマニテのサイトのトップページより閲覧できる(Adobe Flash形式)。
  5. ^ ZAKZAKニュース - 2004年7月7日
  6. ^ “根津甚八が俳優引退、妻「表舞台には戻らない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年9月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/09/07/kiji/K20100907Z00002020.html 2017年1月16日閲覧。 
  7. ^ 根津甚八、11年ぶりに銀幕に復帰!俳優引退宣言から5年…決意明かす<コメント全文>”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  8. ^ 元俳優の根津甚八さん死去 69歳…事務所が発表 デイリースポーツ 2016年12月29日
  9. ^ 根津甚八が11年ぶり映画出演 主演の東出も「迫力に圧倒」 - ORICON STYLE

外部リンク編集