メインメニューを開く

中子 真治(なかご しんじ、1953年- )は、映画評論家。

岐阜県高山市生まれ。国立大学中退後、1980年より6年間ロサンゼルスに在住し、映画ジャーナリストとして活動。SFXブームのきっかけを作った。映画のほかアメリカ文化とデザインの研究に従事。「アメリカン・デコ展」や「ハリウッド映画村」などイベントの企画・監修、映画『学校の怪談』シリーズ3作などではSFXプロデューサーを務める。現在はアート・トイとムービー・グッズのギャラリー・ストア『飛騨高山留之助商店』店主。[1]

編著書編集

  • 『SFX映画の世界』編著 講談社 1983 のち講談社X文庫(完全版)
  • 『SFX映画の時代 SFX cinematic illusion』編著 講談社 1984-85
  • 『フィルム・ファンタスティック』全7巻 編著 講談社 1984-86
  • 『モダニティ’30年代アメリカのスタイル』編著 講談社 1986
  • 『モンスター・メーキャップ大図鑑 「SFX映画の世界」完全版5』講談社X文庫 1986
  • 『’30年代アメリカのパッケージ・グラフィック』編 学習研究社 1988
  • 『’30年代アメリカのマガジンアド・グラフィック』編 学習研究社 1989
  • 『中子真治SF映画評集成 ハリウッド80’s SFX映画最前線』洋泉社 2013

共著編集

  • 『SF探検』小野耕世,前田真一執筆 中子執筆・構成 学習研究社 学研ワールド科学館 1978
  • 『アール・デコの世界』海野弘共編 学習研究社 1990

編集

  1. ^ 『中子真治SF映画評集成』著者紹介