中山アラブ障害特別

中山アラブ障害特別(なかやまアラブしょうがいとくべつ)は、1960年から1965年まで行われた中央競馬障害重賞競走である。

概要編集

アラブ系障害競走として1956年から阪神競馬場で施行されたアラブ大障害に次いで、1960年に中山競馬場で距離3550mの競走として創設された。同年に東京競馬場東京アラブ障害特別が創設され、これで関東と関西でそれぞれ年2回の重賞競走の体系が整った。しかし、アラブ系障害競走の振興にはつながらず、1965年の第6回の競走を最後に他の2重賞とともに廃止された。頭数は1960年を除いて5頭以下で行われ、1962年の競走では3頭の出走馬で施行された。全ての競走で5歳馬が優勝し、また、出走馬に占める牝馬の割合が高く、1965年は出走馬5頭全てが牝馬だった。

1963年までは春季に、1964年からは秋季に行われた。競走条件は1963年までアラブ系5歳(現4歳)以上、1964年以降は同4歳(現3歳)以上。1961、62年は別定競走、その他はハンデキャップ競走として行われた。

歴史編集

  • 1960年 - 中山競馬場においてハンデキャップ、距離3550mのアラブ系障害重賞として創設。優勝馬はスマノダイドウの父であるミトタカラ。
  • 1961年 - 別定競走に変更される。
  • 1963年 - 再びハンデキャップ競走となる。
  • 1965年 - 最後の施行となる。距離3630mに変更された。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 優勝馬 性齢 斤量 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1960年4月24日 ミトタカラ 牡5 53 4:07.3 久恒久夫 柴田寛
第2回 1961年7月2日 シンコウ 牡5 58 4:04.9 加賀武見 奥平作太郎
第3回 1962年7月8日 キタノホマレ 牝5 56 4:11.6 小泉明東 尾形藤吉
第4回 1963年6月30日 ヤマビコ 牝5 59 4:09.3 中沢一男 柄崎義信
第5回 1964年11月8日 テンノユウ 牝5 56 4:08.6 横山富雄 小西喜蔵
第6回 1965年9月26日 イシリユウ 牝5 56 4:26.2 津田昭 野平省三