メインメニューを開く

中山 久美子(なかやま くみこ、1960年10月8日 - 、てんびん座O型神奈川県横浜市出身)は、日本アニメーションカラーコーディネーター

目次

略歴編集

横浜の市立高校を卒業後に一旦はOLとなるが、体質が合わずに退職した後、東京デザイナー学院へ入学する。卒業した後、葦プロへ入社してタツノコプロテレビアニメヤットデタマン』で仕上げのデビュー、葦プロのテレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』で色指定のデビューをそれぞれ果たす。6年目からはフリーランスとなった[1]

アニメーター菊池通隆いわく、角川書店の『月刊ニュータイプ』の表紙で中山の仕上げを意識し始め、彼女の参加していなかったテレビアニメ『超音戦士ボーグマン』の雑誌向け版権画の色指定を発注するようになり、打ち合わせを経て「これが版権物の本当の姿だよなぁ」と感じたとのこと。これは、当時のアニメ業界で版権物の作成に際して動くのが進行であり、原画と仕上げが密接に打ち合わせる概念が存在しなかったためである[2]

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

その他編集

参考文献編集

  • 菊池通隆画集II『Zwei』 (ISBN 4-8291-9116-3) 120 - 123ページ CELL ART MAGICIANS SPECIAL TALK 菊池通隆×中山久美子

出典編集

  1. ^ 『Zwei』121ページ
  2. ^ 『Zwei』120 - 121ページ