メインメニューを開く

中山 兼宗(なかやま かねむね)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿歌人内大臣中山忠親の長男。官位は正二位按察使権大納言中山家2代。

 
中山兼宗
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 長寛元年(1163年
死没 仁治3年9月3日1242年9月28日
官位 正二位按察使権大納言
主君 六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 藤原北家花山院家庶流中山家
父母 父:中山忠親、母:藤原光房の娘
兄弟 親覚、兼宗忠季兼季忠明、雅明、忠輔、覚敒、親慶、覚紹、三条公房室、順徳院女房、宜秋門院御匣
藤原重家の娘
忠定仲親、良豪
テンプレートを表示

経歴編集

仁安2年(1167年)叙爵。侍従左近少将右近中将阿波介伊予権介播磨権介備中権介を歴任。建久4年(1193年蔵人頭に補任され、建久6年(1195年参議に任ぜられ、権大納言を経て建暦元年(1211年)正二位大納言に至った。

議政官として、大嘗会御禊次第司御後長官・加賀権守中宮九条立子)大夫・按察使などを兼帯。建保6年(1218年)子・忠定参議に申請して自らは大納言を辞すが、2年後の承久2年(1220年)には「子強好交衆、又増不孝耳」(『明月記寛喜元年4月9日条)のため忠定を解官させており、父子の確執は深まり、天福元年(1233年)には三浦義村藤原定家の調停を受けるまでに騒ぎは大きくなった。嘉禎元年(1235年大隅国知行国主となる。仁治3年(1242年)9月3日、薨去。享年80。

歌人としては『千載和歌集』(歌番号328)に1首入る他、『新古今和歌集』以後の勅撰和歌集に20首入集し、建久2年の若宮社歌合、六百番歌合千五百番歌合、経房家歌合などにも出詠している。『井蛙抄』巻六によれば、定家は「歌は兼宗大納言、束帯にて陣座に着て。公事をこなひたる様によむべし」と語ったと伝えられる。また治承3年(1179年)正月には高倉天皇の朝勤行幸の御遊に伺候し、初めての役を務めて以来、建久 5年には楽所別当にも補され、種々の和歌会御遊などでも琵琶の役を担当したことが知られる。

系譜編集