メインメニューを開く

中山 孝親(なかやま たかちか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての公卿[2]権大納言中山康親の子[2]官位従一位准大臣中山家13代当主。

 
中山孝親
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正9年12月18日1513年1月24日
死没 天正6年1月16日1578年2月22日
別名 臨空(法名)
官位 従一位准大臣
主君 後柏原天皇後奈良天皇正親町天皇
氏族 中山家
父母 父:中山康親、母:正親町公兼の娘[1]
五辻諸仲の娘
甘露寺熙長親綱大炊御門経頼
テンプレートを表示

経歴編集

公卿補任』に基づく。

脚注編集