メインメニューを開く

中川 光重(なかがわ みつしげ、永禄5年(1562年) - 慶長19年11月21日1614年12月21日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将織田氏前田氏の家臣。中川重政の子。妻は利家の次女・簫姫(瑞雲院)。通称は清六郎。出家後は宗半、巨海斎と号したため、中川宗半の名で知られる。

生涯編集

永禄5年(1562年)、織田氏の家臣・中川重政の子として誕生。

はじめ織田信長信忠父子に仕え、高遠城攻めなどに参加したが、天正10年(1582年)に両者が本能寺の変で横死すると、前田利家の次女・簫姫(瑞雲院)を娶っていた縁により加賀国の利家の家臣となり近侍した。 天正12年(1584年)9月、前田利家と越中の佐々成政との間に末森合戦が行われた際、翌13年(1585年)6月、七尾城の前田軍により能越国境の荒山城が落とされたが、その際に光重に功があったとされている。

能登七尾城越中増山城の守将(1586年頃)を務め、文禄3年(1594年)4月8日、京都の前田利家邸に豊臣秀吉が来臨した際には、光重が前田家臣団の筆頭として献上物を贈っているなど、前田家内での地位は高かったと推測される。たがこの直後ぐらいの時期に、城塞修理の課役を放置したことで職務怠慢として蟄居を命じられ、能登国津向村に逼塞したこともあった。(後年この逼塞先は、豊臣秀吉から能登蟄居を命じられた浅野幸長の蟄居先として利用されている。また、同地には後年、利家により助命され1千石を与えられた小田原北条氏北条氏邦が配されている)。この蟄居後、豊臣秀吉から直に3千石の知行を与えられ御伽衆となったが、のち、利家の下に帰参している。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは利家の子・前田利長に従い大聖寺城攻めに貢献した。また、一方で直前まで豊臣秀頼の傍にあって御伽衆を務め、加賀国に下向する途中で大谷吉継の手勢に捕らえられ、利長を撹乱するための謀書を認めさせられ、利長の南進を阻害したとも伝えられている。前田家内での知行高は2万3千石に達した。以降も前田家内でその地位は重きを成している。利家の五男利孝または六男利貞の養育係となっていたとする説がある。

慶長16年(1611年)に致仕。慶長19年(1614年)、死去。

嫡男で前田利家の八女を妻としていた中川光忠が1万7千石を相続して跡を継いだがのち藩を去ったため、次女の婿で5千石を分知されていた甥の中川長勝(光重の弟で秀吉に仕え、のち徳川家康旗本3千石となった中川忠勝の長男)が家督を相続し、代々家老や奉行を務めた。また、光忠の嫡男の之尚は光重の娘の嫁ぎ先である神谷家に養育され神谷之尚と名乗り、のちに前田家に3千石で仕え、支藩の大聖寺藩の家老などを務めた。光忠次男の中川正任も長く浪人したのち、加賀藩に仕えた。

千利休門下の熱心な茶人であり、茶会にも何度も招かれている。前述の課役放棄も茶事に忙しくて怠けた、とする説があり、その後に秀吉に仕えた際も、扱いは武人としてではなく茶人として御伽衆であったとされている。

参考文献編集