中川 善之助(なかがわ ぜんのすけ、1897年明治30年〉11月18日 - 1975年昭和50年〉3月20日 )は、日本法学者東北大学名誉教授、金沢大学名誉教授。正三位勲一等。日本の家族法の権威である。

中川 善之助
人物情報
生誕 (1897-11-18) 1897年11月18日
日本の旗 日本東京府神田
死没 1975年3月20日(1975-03-20)(77歳没)
日本の旗 日本東京都台東区
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 法学民法学
研究機関 東北大学金沢大学
テンプレートを表示
東北大学の中善並木。大学祭に協力した中川に感謝して学生が名付けた(2006年4月)

経歴 編集

東京府(現・東京都神田生まれ。

金沢第一中学校第四高等学校を経て、東京帝国大学進学。1921年、東京帝国大学法学部卒業。穂積重遠門下。

1922年9月、東北帝国大学法文学部助教授(民法学第一講座)。1927年、東北帝国大学法文学部教授

1940年、第2代仙台法経専門学校校長。以後、死去するまで同校校長を務める。

1961年、東北大学定年退官。東北大学名誉教授。同年、学習院大学政経学部教授

1967年、金沢大学学長。1973年、金沢大学退官。金沢大学名誉教授。

まもなく、弁護士登録。法制審議会民法部会長等を務めた[1]

1975年、仙台法経専門学校の学校長として卒業式に向かう途上、上野駅で倒れ死去[1]

研究 編集

特に家族法分野での実績に優れる。旧来の家制度の解体に尽力し、現代家族法の父と称される。

財産法における法律行為に対する概念として身分行為を提唱し、独自の身分法学を確立。

1946年には我妻栄と共に臨時法制調査会委員として民法改正事業に従事した。

社会活動 編集

  • 1960年に宮城県児童福祉審議会委員長を務めていたが、宮城県の青少年条例の制定に反対し、宮城県が青少年条例を制定した際に、審議会に辞表を提出した[2]
この件に関し、朝日新聞1960年4月12日(夕刊)で、中川教授は、「青少年問題は社会的、政治的に実質的な手が打たれなければ解決しない。うわっつらのものだけを条例でしばってもなんにもならない。現に(青少年条例を)制定した県の統計でも、その後少年犯罪はちっとも減っていないではないか。いかつい条例を作ることは、むしろ若者を反発させ、逆効果だ。・・・実際家は青少年対策に自信を失い、おぼれる者はワラをもつかむ気持ちで条例をほしがるのだろう。しかし、実際には、ワラにもならない。」と述べている。

著書 編集

門下生 編集

その他多数。

栄典 編集

家族・親族 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 内田貴『民法IV 補訂版 親族・相続』(東京大学出版会、2004年)4頁、林屋禮二「中川先生と仙台法経専門学校」
  2. ^ 奥平康弘『青少年保護条例・公安条例学陽書房1981年ISBN 9784313220072 16頁
  3. ^ 『第45版 人事興信録』 つ - 55頁 興信データ 2009年1月26日発行

関連項目 編集

外部リンク 編集