中日本マルチメディア放送

中日本マルチメディア放送株式会社(なかにほんマルチメディアほうそう)は、移動受信用地上基幹放送認定基幹放送事業者である。

中日本マルチメディア放送株式会社
TRANSJAPAN
FM AICHI.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0012
愛知県名古屋市中区千代田二丁目15番18号
設立 2009年10月7日
業種 情報・通信業
法人番号 1180001072268
事業内容 移動受信用地上基幹放送の番組編成
代表者 代表取締役社長 加藤 義智
資本金 4億2276万円(資本準備金を含む)
外部リンク https://www.tran-j.jp/
特記事項:上記は解散時の情報
テンプレートを表示

概要編集

地上アナログテレビ放送停波後のVHF-Low帯(90-108MHz)を利用するマルチメディア放送i-dioの認定基幹放送事業者である。

i-dioは6広域圏北海道の7放送対象地域でマルチメディア放送をするものだが、中日本マルチメディア放送は東海・北陸広域圏番組編成を担当するものとされた。

i-dioの統括会社である株式会社ジャパンマルチメディア放送(旧称・BIC株式会社)、ジャパンエフエムネットワークエフエム愛知が主要株主である。

2016年(平成28年)7月に名古屋局、10月に静岡局が、2017年(平成29年)3月に浜松局が開局。 愛知県三重県静岡県の各一部で放送を開始した。 静岡局は焼津市が導入した災害情報伝達システムV-ALERT[1]対応局[2]である。

しかし2019年(令和元年)にi-dioは業績不振であることが、エフエム東京TOKYO SMARTCASTに対する不正な株取引に端を発した粉飾決算により表面化し、中日本マルチメディア放送も赤字が累積。エフエム東京はi-dioの事業継続を断念した。

詳細はエフエム東京#不正会計問題を参照

2020年(令和2年)3月末に放送を終了し静岡局のV-ALERT業務のみ継続していたが、2021年(令和3年)3月までに終了し5月に解散した。

事業収支編集

決算公告[3]から抜粋。

事業収支
年度 資産 負債 資本金 資本準備金 利益剰余金 出典
平成27年度 416,349,804 1,094,205 222,180,000 200,580,000 -7,504,401 2016年3月期貸借対象表[4]
平成28年度 551,103,446 190,369,122 222,180,000 200,580,000 -62,025,676 2017年3月期貸借対象表[5]
平成29年度 447,586,492 158,859,812 222,180,000 200,580,000 -134,033,020 2018年3月期貸借対象表[6]
平成30年度 358,615,097 146,596,055 222,180,000 200,580,000 -210,740,858 2019年3月期貸借対象表[7]
令和元年度 122,164,307 10,034,398 222,180,000 200,580,000 -310,630,091 2020年3月期貸借対象表[8]
単位は円

沿革編集

2009年(平成21年)

  • 10月7日 - 中日本マルチメディア放送株式会社設立[9]

2016年(平成28年)

2017年(平成29年)

  • 3月17日 - 浜松局開局[13]

2019年(令和元年)

  • 12月25日 - ジャパンマルチメディア放送および他の認定基幹放送事業者5社と共に2020年3月31日をもってi-dioを終了[14]、但しV-ALERTは継続[15]と発表

2020年(令和2年)

  • 3月31日 - 正午に放送終了[16]、名古屋局・浜松局廃局[17]

2021年(令和3年)

  • 3月 - 静岡局廃局[17]
  • 5月21日 - 解散[18]

脚注編集

  1. ^ V-ALERT(i-dio) - ウェイバックマシン(2017年3月30日アーカイブ分)
  2. ^ 静岡県焼津市(i-dio -V-ALERT導入事例) - ウェイバックマシン(2020年3月1日アーカイブ分)
  3. ^ 決算公告(中日本マルチメディア放送 - 会社概要) - ウェイバックマシン(2020年7月28日アーカイブ分)
  4. ^ 2016年3月期貸借対象表(中日本マルチメディア放送 - 決算公告 平成28年3月31日現在) - ウェイバックマシン(2020年2月5日アーカイブ分)
  5. ^ 2017年3月期貸借対象表(中日本マルチメディア放送 - 決算公告 平成29年3月31日現在) - ウェイバックマシン(2020年2月5日アーカイブ分)
  6. ^ 2018年3月期貸借対象表(中日本マルチメディア放送 - 決算公告 平成30年3月31日現在) - ウェイバックマシン(2020年2月5日アーカイブ分)
  7. ^ 2019年3月期貸借対象表(中日本マルチメディア放送 - 決算公告 平成31年3月31日現在) - ウェイバックマシン(2020年2月5日アーカイブ分)
  8. ^ 2019年3月期貸借対象表(中日本マルチメディア放送 - 決算公告 2020年3月31日現在) - ウェイバックマシン(2020年7月28日アーカイブ分)
  9. ^ V-Lowマルチメディア放送 - ウェイバックマシン(2013年7月7日アーカイブ分)
  10. ^ 東海エリアにおけるV-Lowマルチメディア放送に免許(V-Low名古屋)本年夏の放送開始を予定(東海総合通信局 報道資料 平成28年6月24日)(2016年7月3日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  11. ^ 7月1日グランドオープン! 東海地区に放送エリア拡大(エフエム東京 2016年6月24日 ) - ウェイバックマシン(2016年7月5日アーカイブ分)
  12. ^ 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」 静岡局10月14日、運用開始(i-dio - NEWS 2016年10月14日) - ウェイバックマシン(2016年10月18日アーカイブ分)
  13. ^ 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」 浜松局3月17日、運用開始(i-dio - NEWS 2016年10月14日) - ウェイバックマシン(2020年1月25日アーカイブ分)
  14. ^ i-dio 放送終了のお知らせ(i-dio - NEWS 2019年12月25日) - ウェイバックマシン(2019年12月25日アーカイブ分)
  15. ^ i-dio 放送チャンネル終了のお知らせ(i-dio - NEWS 2019年12月25日 ) - ウェイバックマシン(2020年1月5日アーカイブ分)
  16. ^ 中日本マルチメディア放送 - NEWS - ウェイバックマシン(2020年3月31日アーカイブ分)
  17. ^ a b 廃局についてはVIP#沿革参照
  18. ^ 解散公告(官報令和3年5月24日号外第113号72頁)

外部リンク編集