メインメニューを開く

中村 敏行(なかむら としゆき、1936年7月22日 - 1979年12月7日)は、兵庫県出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

中村 敏行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1936-07-22) 1936年7月22日
没年月日 (1979-12-07) 1979年12月7日(43歳没)
身長
体重
171 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

赤穂高校では遊撃手として活躍。1953年秋季近畿大会県予選準々決勝に進むが、喜吉文雄(大映スターズ)を打線の中軸とする滝川高に9回サヨナラ負け。翌1954年夏の甲子園県予選では決勝に進むが、またもや滝川高に完封負けを喫し甲子園出場を逸する。

1955年大洋ホエールズへ入団。1年目から一軍に上がり、三塁手として6試合に先発。翌1956年は、6月から手塚耀朗に代わり三塁手の定位置を獲得。主にチャンスメーカーとして63試合に先発出場を果たし、打率.251を記録した。1957年はベテランの児玉利一が移籍入団、その控えに回るがシーズン後半には二塁手も兼ねて活躍した。1958年は児玉が一塁手に回り、二塁手、三塁手として81試合に先発、自己最高の9本塁打を放つ。1959年には新入団の桑田武が三塁手に定着したため二塁手に専念。1960年は開幕から芝野忠男と併用されるが、5月には近藤昭仁にポジションを奪われ出場機会が減少。1961年は一軍での出番はなく、同年限りで引退

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 大洋 28 38 36 1 5 2 0 0 7 0 0 0 0 0 1 0 1 9 2 .139 .184 .194 .379
1956 80 266 243 15 61 9 1 1 75 12 3 3 7 2 11 0 3 46 0 .251 .292 .309 .600
1957 68 136 121 11 23 2 2 0 29 9 1 2 5 1 9 0 0 30 6 .190 .246 .240 .486
1958 90 317 280 24 59 10 2 9 100 23 3 4 12 1 24 1 0 69 3 .211 .273 .357 .630
1959 89 292 275 22 51 14 0 5 80 14 4 3 3 0 12 0 2 48 2 .185 .225 .291 .516
1960 34 61 57 1 7 1 0 0 8 1 0 1 2 0 2 0 0 8 1 .123 .153 .140 .293
通算:6年 389 1110 1012 74 206 38 5 15 299 59 11 13 29 4 59 1 6 210 14 .204 .252 .295 .547

背番号編集

  • 48 (1955年)
  • 43 (1956年 - 1958年)
  • 25 (1959年 - 1961年)

関連項目編集