メインメニューを開く

中村 高一(なかむら たかいち、1897年明治30年)7月31日 - 1981年昭和56年)7月27日)は、日本政治家弁護士衆議院議員(社会党、当選8回)[1]衆議院副議長(第41代)を務めた。弁護士として社会運動人権活動に取り組んだ[2]

来歴編集

東京府西多摩郡西秋留村(現在の東京都あきる野市)出身[1]。中村作兵衛の六男[3]。東京府立第二中学校出身[3]1922年弁護士試験に合格[3]1923年早稲田大学法学部英法科卒業[3]。弁護士開業[3]1930年労農党中央執行委員[1]1936年社会大衆党中央執行委員[1]。早くから自由法曹団に参加し、自由法曹団事件で検挙された[1]

東京市会議員を経て、1937年第20回衆議院議員総選挙に東京7区から出馬し当選。戦後、日本社会党に入党するも公職追放に遭う。追放解除後は衆議院懲罰委員会理事などの要職を歴任し、1960年正木清の辞任に伴い第41代衆議院副議長に就任。1967年第31回衆議院議員総選挙で落選し、以後は弁護士活動に専念する。

弁護士としては、総評弁護団の中心メンバーとして活動する傍ら帝銀事件弁護団にも参加。1976年、磯部常治の死去に伴い、平沢貞通主任弁護人に就任。1981年、死去。平沢の主任弁護人は遠藤誠に引き継がれた。

 
中村の東京市議選の応援演説をした山本宣治。

備考編集

家族・親族編集

中村家

東京府西多摩郡西秋留村(現在の東京都あきる野市)、東京市神田区金澤町(現在の東京都千代田区[3]

中村高一の息子の中村護や孫の中村一郎(東京弁護士会)も弁護士である。息子の中村護は1955年、武蔵野市吉祥寺本町に「中村法律事務所」を開設した[2]1960年、事務所を現在の場所(武蔵野市吉祥寺東町)に移転した[2]1967年、付属機関「中村法律研究室」を設立した[2]司法試験の受験指導に当たった[2]2007年、孫の中村一郎が2代目所長に就任した[2]
  • 父・作兵衛[3][4]
  • 弟・
農協の組合長や西多摩郡選出の都議会議員を務めた。
  • 妻・あや子[3]
1905年 -
1927年 -

脚注編集

  1. ^ a b c d e 中村 高一とはコトバンク。2017年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 沿革、吉祥寺 中村法律事務所公式サイト。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』612-613頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月21日閲覧。
  4. ^ a b 『人事興信録 第14版 下』ナ97頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月23日閲覧。
  5. ^ 『兇器乱舞の文化 明治・大正・昭和暗殺史』317-325頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月23日閲覧。

参考文献編集

  • 高田義一郎『兇器乱舞の文化 明治・大正・昭和暗殺史』先進社、1932年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
議会
先代:
正木清
  衆議院副議長
第41代:1960年
次代:
久保田鶴松